2018年06月19日

「リスク分析」と「危機管理」

 私は日頃、研修を通じて、「リスク分析」の考え方を紹介している。
 私の紹介する「リスク分析」はあらかじめ発生するかもしれないリスクを想定し、それを発生させないためにはどうしたらよいか(予防対策)、万が一、そのリスクが発生した時はその悪影響を最小に抑えるのにするにはどうしたらよいか(発生時対策)を事前に検討し、準備しておくというものである。
 事前に注意深く考察した結果、予見できるリスクに対しては、周到なリスク対策を講じておけば発生確率を抑制できるし、また発生したとしても最悪の事態になることを避けることができる。
 そうはいっても、時々私たちは一見、予見できないような事故や事件に遭遇することがある。
 2011年3月11日、東日本を襲った大地震と大津波は正しくそれで、この事故は色々なことを考えさせられた。
 日本は地震国と言われており、私もそうだが一般の人でも多少の大きさの地震が発生することは想定できたと思うが、東北から関東にかけてのこれだけ広範囲な大地震の発生と太平洋岸を中心とした巨大な大津波の襲来まで想定できた人は少ないかと思う。
 起きてから「自分はこのようなことが相当な確率で起こり得ると警鐘を鳴らしていた」と言われる識者がいたが、その識者も震度はともかくこれほどの巨大な津波になるとは思わなかったことだろう。
 科学技術の粋を集めたら、今回のような大地震や大津波の発生はある程度予見はできるかもしれないが、その発生を阻止する、あるいは発生確率を抑える効果的な予防対策はないといってよい。
 事故が起きないのが一番好ましいことなので、起こさせないことは大切だが、天災地変のように起こるのを阻止できない事柄については、万が一起きてしまった時にどう対応するかを事前に考えておくことが大切である。
 どれだけ素晴らしい守備力を持っている内野手でも万が一ということがあるので、内野手が球を取れなかった時、外野手が必ずカバーするという体制を整えておくことが必要である。
 起きる確率は非常に少なくても、起きてしまったら手も付けられない惨事になるということであれば、起きてしまった時にどう対応するか、一の矢だけでなく、一の矢が効果がなかったらどうするかという二の矢、三の矢を考えて、備えをしておかなければならない。
 そのような備えをしていなくて、起きてしまってから「今回は想定外であった」といったエクスキューズは許されない。
 想定外というのは思慮が浅い人が言うことで、東日本大震災、特に原発事故は想定外の事故ではなく、想定する努力を怠ったがために起きた事故と言わざるを得ない。
 大地震や大津波の発生を阻止するのは人間の知恵では難しいが、起きてしまった時の影響を最小で抑えることは人間の知恵でできるはずである。

 「リスク分析」はイコール「リスク管理」といえるが、「リスク管理」イコール「危機管理」かというと、いささか違うかもしれない。
 「リスク管理(リスク・マネジメント)」は将来の不安・心配を先取りして、適切な事前対策を講じる、あるいは準備しておき、それらの発生をコントロールし、万が一発生した場合、最悪の事態にならないようなことを考えておくというものである。
 「危機管理(クライシス・マネジメント)」はその文字通り、重大な事故や事件が発生した時にどう対応して、その悪影響を最小に抑えるかというものである。
 「危機管理」には事故や災害を起こさないように事前に対策や計画を立て、それに基づいて行動することも含まれるが、どちらかといえば最悪の災害・事件が実際に起こった後の悪影響を抑えることに重きが置かれているといってよい。
 予見が非常に難しく、発生をコントロールできない重大な事故や事件については「危機管理」が妥当である。

 ではどうしたら適切な「危機管理」ができるか?
予見が非常に難しい重大な事故や事件が発生した際、最初の手の打ち方を間違えると被害がさらに広がってしまうので何を最初にするかが重要である。しかし、長考一番でじっくり考えている時間的余裕はないはずであり、緊急に適切な手を打たなければならない。
 重大な事故や事件が発生した場合、何より求められることは被害を最小に抑えることであろう。事故発生の連絡があった時、起きていることの重大性とこの後の影響の大きさでどう対処するかを決めなければならない。
 予見が難しい出来事、それも重大事故、大事件が発生した場合、それに適切に対処するのに必要な情報がすべてあるということはまず有り得ない。情報がないからといって、か手をこまねいているわけにはいかない。情報の不足の場合には把握できた情報にこれまでの経験・知識及び想像力を働かせて適当に情報を補って、まず対策を立てるべきである。
 そしてこの事態に対してどのような考え方で臨むかという基本方針のいくつかを設定する。最優先するものは何か、それに次いで重視するものは何かという具合に方針を決め、関係者に知らせる。
 
 そういった点で実にお粗末な「危機管理」をして世間の失笑を買った事件が2018年の5月にあった。
 それは日本大学のアメフト部の選手が対戦相手の関西学院大学の司令塔であるクォーターバック(QB)の奥野選手に悪質なタックルをして負傷退場に追い込んだ事件である。
 試合中、無防備状態にある選手に、背後から猛タックルすることは許されないことであり、今回、そのタックルをした宮川泰介という選手もいけないが、それ以上にいけないのはそのようなプレイを指示した日大アメフト部の内田監督及び井上コーチであり、明らかに指示しておきながら「自分達はそのようなことまでやれと言っていない」と責任を回避する言動に非難の声が上がった。
 この二人の指導者の責任回避の弁明に対して、日本大学の再考責任者がその弁明を許容していることにさらに非難の声が広がった。
 私は監督及び井上コーチから猛タックルを命じられたと告白して奥野選手に謝罪している宮川選手の記者会見を見た。宮川選手はどう見ても正直に語っており、タックルそのものは良くないが、ここまで顔をさらして謝るこの学生に好意を持った。
 専門家で構成されるアメフト関東学生連盟の調査でも、タックルをして反省している宮川選手の告白を真実と認め、宮川選手の誤解であったと言い張る内田監督以下の指導者に責任ありと断罪したが、日大の最高責任者は表に出て来ず、学長とか常務理事が登場して、何を言いたいのか分からない会見をして、責任逃れをしている。
 学生スポーツで今回のような悪質な行為は許されるべきではなく、このようなことの発生を告げられた段階で、日大の責任者は起きた事柄の重大性と、この問題を放置しておくと、どのような悪影響が出ることを想像して、至急適切な手段を講じるべきであった。
 今回、日本大学の責任者は自分達の非を率直に認め、関西学院大学及び被害者である奥野選手に即刻謝るべきであった。
 そして、間違った指導をした内田監督以下日大アメフト部の指導者を更迭するべきであった。
 これだけの不祥事を発生させたら、企業であれば最高責任者である社長が出てきて、謝罪の記者会見をするが、日大も最高責任者である田中理事長が記者会見をして、頭を深く下げると共に再発防止策を告げるべきであった。
 「謝罪会見をしたら笑い者になる」というのが、記者会見しない理由だというが、もうすでに十分笑い者になっている。
 現在、就職活動をしている日大の4年生は辛い思いをしているだろうし、来年・再来年の就職活動にも影響があるかもしれない。
 来春の日本大学への入学志望者も激減することだろう。
 すでに社会人となっている日大の卒業生も肩身の狭い思いをしばらくはするだろう。
 なぜあの時、しかるべき手を講じなかったのかと反省してももう遅いかと思う。

 ある程度注意深く考察すれば予見できるリスクには、私の紹介している「リスク分析」の考え方をそのまま使い、予見が難しい、突然起きたような重大な事件・事故については、今回述べた、「危機管理」の考え方で臨めば被害を必要最小限に食い止めることができるのではないかと思う。
 そして、予見が難しい悲惨な事故、事件を体験あるいは見聞したら、それを貴重な教訓として、そのようなことが今後も起こり得ることと考え、二度とそのようなことの起こらないようにする、起きたとしても最小の被害で済ませられるように「リスク分析」を徹底して行うべきであると思う。


posted by 今井繁之 at 12:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする