2018年10月17日

『平和を守る』は我々大人(おとな)の責任


 時々、子供たちの鋭い発言にびっくりすることがある。
 好ましくないことがあっても、「仕方がない。なるようにしかならない」とあきらめているところに、子供たちから「しっかりしてください」と檄を飛ばす発言があり、その都度、いい大人(おとな)である私は子供たちにこんなことを言わせてはいけないと反省する。
 2018年の6月23日、沖縄県で開催された戦没者慰霊の日に浦添市立港川中学校3年生の相良倫子さんが朗読した「平和の詩」に衝撃を受けた。
 ピンと背中を伸ばし、手元の原稿に目を通すことはほとんどなく、目の前の聴衆に向かって読み上げる姿に思わず、身を正したのは私だけではないと思う。
 力強く朗読する姿勢も素晴らしいが朗読された詩の内容も素晴らしいものであった。
 勝手に引用して申し訳ないが、その一部を記すと次のようなものであった。

 私は、生きている。
 マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、
 心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
 草の匂いを鼻孔に感じ、
 遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

 (中略)
 七十三年前、
 私の愛する島が、死の島と化したあの日。
 小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
 優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
 青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。
 草の匂いは死臭で濁り、
 光り輝いていた海の水面は、
 戦艦で埋め尽くされた。
 火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、
 燃え尽くされた民家、火薬の匂い。
 着弾に揺れる大地。血に染まった海。
 魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。
 阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

 みんな、生きていたのだ。
 私と何も変わらない、
 懸命に生きる命だったのだ。
 彼らの人生を。それぞれの未来を。
 疑うことなく、思い描いていた人だ。
 家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。
 仕事があった。生きがいがあった。
 日々の小さな幸せを喜んだ。
 手をとり合って生きてきた、
 私と同じ、人間だった。
 それなのに、壊されて、奪われた。
 生きた時代が違う。ただ、それだけで。
 無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

 摩文仁の丘、眼下に広がる穏やかな海。
 悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。
 私は手を強く握り、誓う。
 奪われた命に想いを馳せて、
 心から、誓う。

 私が生きている限り、
 こんなにたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
 もう二度と過去を未来にしないこと。
 全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、
 あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。
 生きる事、命を大切にできることを、
 誰からも侵されない世界を創ること。
 平和を創造する努力を、厭わないことを。
 (中略)

 だから、きっとわかるはずなんだ。
 戦争の無意味さを。本当の平和を。
 頭じゃなくて、その心で。
 戦力という愚かな力を持つことで、
 得られる平和など、本当はないことを。
 平和とは、当たり前に生きること。
 その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

 私は、今を生きている。
 みんなと一緒に。
 そして、これからも生きていく。
 一日一日を大切に。
 平和を想って、平和を祈って。
 なぜなら、未来は、
 この瞬間の延長線上にあるからだ。
 つまり、未来は今なんだ。
 (中略)
 一人一人が立ち上がって、
 みんなで未来を歩んでいこう。

 私はこの相良倫子さんの朗読を目の前で聴いていたら、かつて元内閣総理大臣小泉純一郎氏が土俵に上がって優勝した貴の花に優勝杯を渡す際に「感動した。怪我に耐えてよく頑張った。おめでとう!」と言ったように、私も思わず近寄って「感動した!あなたの詩は素晴らしい!」と言って抱き締めていたかもしれない。
 もちろんそんなことはできっこないが、心の中では相良さんを抱きしめていた。
 これだけの長い詩を全て頭に入れて、目の前の聴衆に向かって堂々と朗読できたのは、この詩の全文を自分で作ったからだと思う。自分で作った詩だから原稿を見なくても、よどみなく朗読できたと思う。
 一部を略してしまい相良さんには申し訳ないが、ご関心のある方はネットで検索していただきたい。

 相良さんの「戦力という愚かな力をもつことで、得られる平和などない」のくだりは、相良さんの目の前で朗読を聞いていた内閣総理大臣の安倍晋三氏は自分のことを言われたのではないかということで、ぎくっとしたのではないかと思う。
 相良さんの素晴らしい朗読の後に安倍晋三氏の心のこもっていない空々しい言葉の羅列のスピーチを聞いてがっかりした。
 心にもないことを喋るには原稿が必要であり、安倍氏が平和祈念の式典で、常に原稿から目を離すことなく、棒読みのスピーチになるのは仕方がないかもしれない。
 
 相良さんの素晴らしい「平和の詩」は新聞、雑誌、テレビで紹介されて相当な話題になると思ったが一部の新聞が取り上げただけであった。
 最近のマスコミは何かおかしくなって来ていると思わざるを得ない。
 NHKを始め、少しでも政府を批判するようなニュースは取り上げないようになり、「新潮45」のようにどう考えてもおかしい主張が喧伝されるようになってきている。
 14歳の少女である相良さんの凛としたたたずまいの朗読を聴いて、どうしたら二度と戦争を起こさなくてすむか、真の平和の時代を築けるかを我々大人が真剣に考えなければいけないということを強く感じた。
posted by 今井繁之 at 10:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

君たちはどう生きるか?


 ソフトバンクの創業者である孫 正義さんが2018年6月14日、同社を志望した?学生に対して、「就活生よ、君たちはどう生きるか」というテーマでスピーチされたものを読んだ。
 そのスピーチの中で集まった学生さんに「『夢』という言葉と『志』という言葉、この似ている言葉の違いが分かりますか?」と問いかけた上で、そこで次のようなことを語っている。

 「ピアノを買いたい、家を買いたい、車を買いたいという個人の願望を満たすのが「夢」であり、多くの人々の夢、多くの人々の願望、多くの人の困っていることを助けてあげたい、こういったことを「志」と自分は呼びます。
 自分の「志」は100万人、1000万人、億人の人に喜んでもらいたい。そういう風な人生を過ごすことです。
 私の「志」は情報革命で人々を幸せにすることです。
 私は米国の大学で学んでいる時にそのような「志」を持ち、今日まで一路、その道を歩んで来ました」

 私はこの「夢」と「志」の違いについての説明になるほどと思うと共にソフトバンクという会社の実態をそれほど承知していないので、孫さんが情報革命で多くの人を幸せにしているかどうかは分からないが、それでも学生時代に抱いた「志」を持ってひたすら歩んでいる姿勢には敬服した。

 最近、孫さんの「志」にある「多くの人の困っていることを助けてあげたい」を実現した人に、ノーペル医学・生理学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶 佑さんがいる。
 本庶さんは高校生の時、将来の進路を考えたという。その際、脳裏にあったのは、多くの人を助けられる仕事をしたいという高邁な思い(志)があったと言う。
 大変優秀な頭脳の持ち主だったのだと思うが、弁護士になるか、あるいは医師になるかを考えたという。弁護士になっても助けてあげられる人はそれほど多くなく、医師の方がより多くの人を助けられると考えて医学の道を歩むことにしたという。医学の道といっても臨床医では限られた患者しか診ることができない、自分で治療法を見つけられたら、より多くの人の命を救うことに貢献できると考えて、医学者の道を歩むことにして、今回受賞の対象になった『オプジーボ』という癌の治療薬を開発したということである。
 一生をかけるなら、リスクは高くてもやりたいことをやるべきと考えて、あえて難しいテーマに挑んで成功させた本庶さんの奮闘努力した姿勢には感動を覚えた。
 本庶さんと私はほぼ同世代であるが、私が高校生の時に進路の選択において本庶さんのような高邁な「志」を考えたかというと、そんなことはまったくなかった。

 自己弁護するわけではないが、孫さんや本庶さんのように若い時から明確な「志」を持って、その「志」を実現するべく懸命に努める人はそう多くはないと思う。
 でも、若い時から「志」を持って生きることは悪くないし、むしろ持つべきであろう。 今回、「志」という言葉について改めて考えてみたら、中学生の時に音楽の授業で『故郷』(ふるさと)という唄を教わったが、そこに出てきたような気がしたので、ネットで検索してみると、まさしくそこにあった。『故郷』(ふるさと)は作詞 高野辰之さん、作曲 岡野貞一さんの作品で、最初の歌詞は「兎(うさぎ)追いし かの山 小鮒(こぶな)釣りし かの川」であるが、3番の歌詞に「志(こころざし)をはたして いつの日にか帰らん 山は青き故郷 水は清き故郷」とある。
 音楽の授業では「志」(こころざし)についての講義はなくて当然であるが、国語の時間にこの「志」(こころざし)についての説明があり、考えさせられたら、私も少しは高邁な「志」を持ったのではないか?と思う。

 それはともかく、どうしたら「志」を持てるかというとこれがなかなか難しい。
 私のような普通の人は人生の後半になって、自分はこの世に生まれて来て、何か少しはこの世のお役に立つようなことをしたのだろうかと考えるようになり、「志」についてようやく気付くようなものであり、むしろ考えない人の方が多いかもしれない。
 若い時にどう生きるかを意識するのはなかなか難しいが、一つの方法として、冒頭の孫さんのスピーチのタイトルにあった「君たちはどう生きるか」を学生時代に己に問い掛け、考えさせるというやり方をしたらどうだろうかと思う。
 一昨年のいつの頃か定かではないが、大手の書店に行くと、「君たちはどう生きるか」という本が店頭に並ぶようになった。これは吉野源三郎さんという方が戦時中の1937年に書かれたもので、主人公であるコペル君という中学1年生の少年を通じて、本のタイトルどおり、生きるとはどういうことか、どのように生きたらよいかを教えてくれる人生読本ともいうべき本である。
この本は200万部を超えるというベストセラーで、どうして、この本が最近になってこのように売れるようになったのか不思議でしょうがない。
本書中には珠玉のような言葉があちらこちらにある。
読まれている方が多いかもしれないが、主人公であるコペル君とその叔父さんとの会話の一部を記述する。

 本当に人間らしい関係とはどういう関係かというと、君のお母さんは、君のために何かしても、その報酬を欲しがりはしないね。君のためにつくしているということが、そのままお母さんの喜びだ。君にしても、仲のいい友達に何かしてあげられれば、それだけで、もう十分うれしいじゃないか。人間が人間同志、お互いに、好意をつくし、それを喜びとしているほど美しいことは、ほかにありはしない。

 ありがたいという言葉によく気をつけて見たまえ。この言葉は「感謝すべきことだ」とか。「お礼をいうだけの値打ちがある」とかという意味で使われているね。
 「ありがたい(有り難い)」という言葉のもとの意味は「そうあることがむずかしい、めったにあることじゃない」という意味だ。自分の受けている仕合わせが、めったにあることじゃないと思えばこそ、われわれは、それに感謝する気持ちになる。それで「ありがたい」という言葉が、感謝すべきことだという意味になり、「ありがとう」といえば、お礼の心持ちをあらわすことになったんだ。

 私もこの本を中学生時代に教師から「これを読みなさい。そして君はどう生きるか、少し考えてみなさい」と勧められて、自分の行き末を真剣に考えたら、ひょっとしたら、私の人生も変わったものになったかもしれない。
 孫さんも本庶さんもこの本を読まれたのではないかと思ってしまう。
 
この本の中には「どのように生きたらよいか?」という答えは書いてなく、自分で考えなさいとなっている。
 「どのように生きたらよいか?」という問いに対する答えは、私の勝手な憶測であるが、コペル君とその叔父さんとの会話から、「自分が正しいと思ったらその信念に沿って行動し、他の人のお役に立つような生き方をする、それによって周りの人に生きていることの喜びを感じさせるような生き方をする」ことではないかと思う。

 この本を我が子に読ませている親もいるかと思うが、一番よいのは中学あるいは高校の先生が子供たちにこの本を読むように指導して、子供たちに感想を発表してもらい、自分はどう生きるかを考えさせる機会を作っていただくことではないかと思う。
 子供の時に考えた「志」が成人して実社会に出たところで変化しても一向に構わないが、この本を読み、考える機会を与えられたことによって、納得のいく人生を送れるのではないかと思う。

 ノーベル賞を受賞後、本庶さんが文部科学大臣の柴山氏の元を訪れた時、大臣に『有志竟成』(ゆうしきょうせい)と書かれた色紙をプレゼントした。
『有志竟成』は本庶さんの座右の銘で「困難なように見えても志を曲げることなく事に当たれば必ず成し遂げられる」という意味ということですが、本庶さんは正しく高校生の時に立てた「多くの人を助ける人生を歩みたい」という「志」を実践されたのだろう。
すでに「志」を持って歩んでいる人もいるかもしれないが、もし、そうでなければ、ぜひ、どう生きるかという「志」について改めて考えていただきたいと思う。

posted by 今井繁之 at 10:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする