2017年08月31日

小さいからできる


 私は富山県庁から県庁職員を対象に問題解決・意思決定力強化の研修を行って欲しいと依頼されて、毎年富山市に行っている。
 今年も7月に行ったが、今回は行ったついでに富山市の隣にある舟橋村という小さな自治体にお伺いした。
 なぜ、舟橋村に行ったかというと、この村は全国で一番面積が小さいにも関わらず、人口・世帯数がどんどん増えていることと、年少人口(全人口に占める15歳未満の人口割合)が何と日本で一番高い(21.8%)ということに興味を持ったからである。
 何のアポイントもなしに舟橋村役場を尋ねて、名前と職業を名乗った上で、「この舟橋村はなぜ人口・世帯数が増えているのかが知りたくて来ました」と話すと、「村長がおりますがお会いになりますか」と言われる。それは有り難いということで図々しくもお目にかからせていただいた。
 応接室でお会いした村長の金森勝雄氏は「今、出かけるところで時間は十分取れないが少しだけでよかったらどうぞ」と言われて、大略、次のようなことを話してくれた。
 20年前には当村の人口は1000人を割りそうになったが、今は3000人を超すようになりました。なぜ人口が増えたかというと、舟橋村は市街化調整区域から外れて住宅を建てることができるようになったからです。ここから富山市の中心に車で15分あれば行けるということで富山市のベッドタウンになりました。
 村の面積が3.47㎞なので、小学校・中学校が一つづつ、隣り合わせにあり、舟橋小学校を卒業した子供は当然舟橋中学校に行くことになります。村役場の周辺に消防署、村民会館等、保育園等公的施設が集中してあり、村民の方が用を足すのに何かと便利です。
 富山地方鉄道の越中舟橋駅が近くを通っており、富山駅まで15分と通勤に便利です。
 この駅の二階には村立図書館があり、図書館カードの発行枚数は村の人口の6倍の18,000人です。近郊の方がこの図書館を利用していることになります。住民一人当たりの図書の貸出冊数は32冊(年間)、これは日本一です。
 遠くには富山の山々がありますが、村内には大きな山も川もありません。よって土砂対策費も河川修理費も不必要です。
 毎年、富山市からこの舟橋村に転居してくる人がおり、それ以外にも子育てによい環境ということで人口は年々増える傾向にあります」
 小・中学校がそれぞれ1校しかなく、それも隣接してあるので小・中学校一貫教育ができます。村の面積が狭いから木目の細かい行政サービスができます。公的施設の連携もスムーズに行きます。これはすべて小さい村だからできるのです」と最後に言われた。
 公立学校でも中・高一貫教育をしているところはあるが、小・中学校一貫教育は少ないかと思う。小学校一つ、中学校一つという小さい村だから実現できたのだろうが、だからといって全国には舟橋村と同様の自治体があると思うが、小・中学校一貫教育に取り組んでいるところが果たしてあるだろうか?
 舟橋村の行政担当者が小さいことをマイナス材料と考えず、むしろプラスの材料に変えるべく工夫しているところに人口・世帯数が増えている理由があると私には思えた。

 「小さい村だからできる」という言葉を聞いた数日後、東日本大震災で多大な影響を受けた地域の復興振りを伝えているNHKのテレビ番組の中で三陸岩手の住田町の町長多田欣一氏が同じような言葉を語っているのを見た。
 「住田町」を知っている人はあまり多くはないかと思うが、私は住田町、大船渡市、陸前高田市の二市一町で形成する『気仙広域連合』というところから研修を依頼された関係でそれぞれの市と町にお伺いしている。開催会場は回り持ちということで初年度は大船渡市、二年目は陸前高田市、三年目は住田町だった。大船渡市に最初に行った時、帰りは車で東北新幹線の水沢江刺駅まで送ってもらったが、車に乗っていること約1時間、両サイドは森また森で、人家らしき明かりはまったくなかった。運転してくれている人が「ここが住田町です」と言われた。
 そのようなことで住田町は広大な面積の森林の町であるとのイメージが焼き付いていた。
 テレビ番組の中でその住田町が津波や地震で自宅を失った住民のために木造の仮設住宅を建設したと報じていた。その番組を見ながら海岸に接していない住田町に津波で自宅を流された人が果たしていたのかと疑問に思った。
 津波の直接の被害を受けなかったと思われる住田町がなぜ仮設住宅、それも木造の仮設住宅を作るようになったかというと、大津波の発生によって近隣市の陸前高田市、大船渡市、釜石市に甚大な被害が発生し、親類等を頼って住田町への避難者が600人を超え、町役場の災害対策窓口には住宅に関する問い合わせが数多く寄せられたからだという。
 住田町は森林・林業日本一であり、さらに町の財産である森林を利用した仮設住宅建設はできるという。
 そうはいっても、自然災害等に遭って仮設住宅が必要になった際、仮設住宅を建設する権限?は都道府県知事にあり、県が建物を提供するのが原則であり、市町村が勝手に建設してはいけないという決まりがあるということである。
 仮設住宅を必要とする市町村長が県に申請して、認可されたところで、市町村が県からの発注を受けたという形で、設計や入札、議会の議決など様々な手順を得て、建設に移らなければいけないそうだ。建設までには相当な時間がかかるのが通常であるという。
 しかし、住田町の近田欣一町長は「義を見てせざるは勇無きなり」と考えられたかどうかは定かではないが、近隣の市から住田町に避難してきた人達のために、前述の手順を全て無視して、「専決」という町長の意思で契約できる、議会にかけないやりかたで仮設住宅を建設することにした。だから住宅建設はスピーディに進んだ。
 町長は震災の10日後くらいに町議会議員全員を集めて「専決」でやることにしたと話して了承してもらった。その際、議員から「町長やってくれ。ただしやるからには、『住田町は出し惜しみをした』と言われないように、『よくやった』と言われるようにやってくれ」と言われたと話す。
 予算額は約2億5千万円、町有地に110棟を建設、いずれもプライバシーを守れる一戸建てであり、かつ町産材(主にスギ材)をふんだんに使用した木のぬくもりを感じることのできる建物であった。
 住田町は今回の震災の発生する以前から町の基幹産業である木材を使用した仮設住宅を建設するという構想があり、その準備もできていたという。町長の要請に町内の建設業組合の千田組合長以下の組合員の皆さんが総力を挙げて協力してくれて、独自に工夫した半日で建設が可能な工法でまたたく間に木造の仮設住宅を建設した。それもプレハブの建設費より低価格で建設したという。
 番組の中で近田町長は「小さい町だからできた」と語っていたが、その町長の言葉は人口約6千人の町なので、町議会議員の数も少なく、議員の皆さんとは意思疎通が容易にでき、さらに建設業組合の皆さんとも日頃から大変親しい関係ができていたことを指しているかと思う。
 この住田町の仮設住宅の建設で素晴らしいと思ったことは、仮設住宅の建設は都道府県知事の認可が必要という絶対条件(MUST)をクリアできる方法はないかと必死になって探して、緊急事態の場合は「専決」という抜け道?があるということを見つけたことである。
 住田町の事例は昨年の熊本市や今年の福岡県の朝倉市で活きたと思う。

 「絶対的制約条件(MUST)はあっても、頭を使って必死に考えれば、それをクリアできる方法はあるものです」ということを私の知り合いの自治体の首長から聞いたことがある。
 それを私に語ってくれたのは栃木県宇都宮市の隣にある高根沢町の町長をしていた高橋克法氏である。
 私が「自治体の首長、それも規模の小さい市町村の首長は権限は少なく、絶対守られなければならない制約条件(MUST)が多く、ご苦労されることが多いでしょう」と話した時に高橋町長に言われた言葉が前述の「頭を使って考えればMUSTをクリアできる方法は見つかるものです」というものである。高橋町長は「役人はMUSTをやりたくない言い訳に使っていることが多い。何としてもやろうとしたらMUSTをクリアできる方法は見つかるものです」と言う。
 高根沢町は町を挙げて循環型農業を目指して、分別回収した「生ごみ」を原料として有機肥料を製造販売している。そこに至るまでの間にいくつかの絶対的制約条件(MUST)があったと思うが、それをクリアできる方法はないかと必死に考えて実行に移した。
 ごみの分別回収は町の皆さんに協力してもらわなければ実現できない話であったが、町長自身が反対派のいる町内会の集会に出かけて、「なぜ分別が必要なのか」を説いて回ったという。一度行っても説明に納得いただけなければ再度行き、それでもダメであれば更に行くという熱意が実って最後には町民の大多数の方のご理解を得て分別に成功したということである。
 私は高橋町長からの依頼で、高根沢町には5回ほどお伺いして、町役場の職員約100名に問題解決・意思決定力強化の研修を行わせてもらった。
 高橋氏は町長を3期務めた後、栃木選挙区から自民党公認で参議院議員に立候補、当選して現在は自民党参議院議員である。
 高橋氏に確認していないが、循環型農業が実現できたのは住田町の近田町長と同じく 「小さい町だからできた」と言われるのではないかと思う。

 平成の大合併で、「大きいことはいいことだ」ということで、小さな自治体は大きな市・町と一緒になったケースが多い。でも今回紹介した自治体のように、小さな自治体であっても、首長を始め職員が頭をフルに使うと活路が開けるということを申し上げたい。






posted by 今井繁之 at 17:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください