2017年11月27日

戦慄の記録『インパール』を見て


 毎年、夏になると、NHKは『戦争』を特集した番組を放送してくれる。特にここ数年は戦争を体験した人が高齢化によりどんどん少なくなってきているので、今のうちに戦争の実態を知らしめておきたいということで戦争特集番組に力を入れているような気がする。 本年度もいくつかの特集があったが、その中でも8月に放送されたNHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」には大変な衝撃を受けた。
 なぜこんな悲惨な戦いを強行したのかという驚きと、さらにこの戦いの指導者が誰1人として責任を問われなかったことに慨嘆した。
 そもそも「インパール作戦」とは何かというと、太平洋戦争で戦況が悪化して来た、1944年3月、イギリス軍が主要拠点としたインドのインパールを攻略するために、ビルマ方面軍・15軍麾下の3個師団(31師団、15師団、33師団)約9万人を進撃させた作戦である。ところが、食料や弾薬の補給は不十分、敵の戦力を軽視した作戦は、数多くの兵士が命を落とし、大失敗に終わった。
今回の放送では太平洋戦争で最も無謀な作戦と言われるインパールでの戦いを関係者の証言で明らかにした。
 山岳地帯の行軍を兵站の専門家である小畑参謀長は「現地で牛を調達し、食料や弾薬、兵器を運ばせた後に食料として利用するという作戦には無理がある。牛は急峻な山道を越えられないのでこの作戦は実施すべきでない」と反対した。この無謀な作戦の最高責任者である牟田口廉也司令官以下の上官は「卑怯者、貴様には大和魂はあるのか」とどなりつけたと言う。大和魂でどうこうなるというものではなく、実際、牛はインパール山中で餌にするべき草がなく次々と倒れていった。
 短期決戦をもくろみ、兵士には3週間分の食料しか持たせなかった。
 戦闘開始2週間目、イギリス軍と遭遇、1000名以上の死傷者を出した。33師団の柳田元三師団長は「インパールを予定の3週間で攻略するのは不可能です」と牟田口廉也最高司令官に作戦変更を強く進言したという。他の師団長からも意見具申があったが、牟田口司令官は「善処しろとは何事か!バカヤロウ!」と言って無視したという。
 補給が途絶し、戦闘以前にマラリアなどの熱帯性伝染病や飢え・激しいスコールで地獄絵図と化し、前線の指揮官、第31師団長佐藤幸徳中将は何度も撤退を進言するも聞き入れてもらえなかったため、独断で部隊を退却させるという前代未聞の事態に発展した。
 イギリス軍は航空機による物資の補給を展開、1日250トンの補給物資を投下、日本軍は補給ゼロで途中のコヒマというところに到着した時は食料はほとんどなかった。突撃すれば死ぬことは分かっていても、イギリス軍の戦車に爆弾を抱えて肉弾攻撃を繰り返して、死亡した兵士は3000人を越えたという。
 牟田口司令官は作戦がうまくいかないのは師団長に責任ありということで、31師団の佐藤師団長以下を更迭し、武器弾薬もなく腹を空かせた兵士に「前へ前へ」と無茶苦茶な指示を出すばかりであった。作戦の中止を決めたのは開始してから4か月後であった。豪雨の中の撤退の途中で兵士は飢えや疫病で倒れた。
 死者の6割は作戦中止後の撤退途中であり、インパールからビルマに帰る道は日本人兵士の白骨死体で埋め尽くされ『白骨街道』と呼ばれたという。
 辛うじて生き残って撤退してきた兵士に向かって牟田口司令官は驚くような説教をしたと言う。
 「食うものがないからといって戦争はできないといって諸君は勝手に退却してきた。これが皇軍か。皇軍は食うものがなくても戦いをしなければならないのだ。兵器がない、やれ弾丸がない、食うものがないなどは戦いを放棄する理由にならぬ。弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ。腕もなくなったら足で蹴れ。足もやられたら口で噛み付いて行け。日本男子には大和魂があることを忘れちゃいかん。日本は神州である。神々が守ってくださる」
 こんな非科学的な説教を聞かされた兵士はたまったものでない。
 インパール作戦の投入兵士は約9万人に対して、帰還時の兵士はわずか1万2千人という悲惨な結果になった。
 「知性なき勇気は蛮勇である」と言われた方がいるが、インパール作戦は正しく蛮勇であった。
 最高責任者である牟田口司令官は戦後、連合国から戦犯として一応は逮捕されたものの、あっさり不起訴処分になり、戦時中の責任は問われることなく、天寿をまっとうしたということである。
 東京裁判は連合国に対する罪を問うものであり、日本国兵士をどんなに死なせようが、そのこと自体の責任は問われなかったということである。
 牟田口司令官は戦後、「作戦は上司の指示」と主張し、大本営の参謀は「現地軍の責任範囲の拡大」と責任を回避した。
 番組の最後に、奇跡的に生き長らえて、現在96歳になっている司令部の動向を克明に記録した斉藤博圀少尉本人が涙ながら次のように語っている。
 「司令部では何千人殺せばどこそこが取れるという会話が飛び交っていました。最初は敵を何千人殺せばと思ったが、そうではなく味方の兵士を何千人犠牲にすればということでした。まるで虫けらでも殺すみたいに部隊の損害を表現していました。兵隊に対する上層部の考えはそんなものです」

 当時の軍人がすべて牟田口司令官のような無能な人達ではないと思うが、それでもひどい話である。
 そもそもは勝てるはずのない無謀な戦争をしたことが大間違いである。
 戦争は絶対するべきではない。犠牲になるのはおおむね第一線の兵士である。もちろん、その兵士を送り出した家族も犠牲者であり、空襲を受けて死傷した人達も犠牲者である。 伊藤忠商事の社長・会長を勤め、中国大使もされた丹羽宇一郎さんがお書きになった 『戦争の大問題』(東洋経済新報社)という本がある。戦争は二度と起こしてはならないという思いからお書きになったということだが、その本の中に、元総理大臣の田中角栄氏の言葉が紹介されている。
 「戦争を知っている世代が政治の中枢にいるうちは心配ない。平和について議論する必要もない。だが、戦争を知らない世代が政治の中枢になったときはとても危ない」

 まさに今である。戦争を知らない安倍晋三氏が日本国の最高権力者になり、A級戦犯であった祖父から薫陶を受けたのであろう、「積極的平和主義」と称して再び、日本国を戦争のできる国にしようとしているように私には思えて仕方がない。
 そうではないと思いたいが、ここ数年の安倍氏が推し進めている施策を考えるとそう思わざるを得ない。
 「平和のために戦争をする」と息巻いているのはアメリカのあの暗愚な大統領と日本国の総理大臣ぐらいではないかと思う。
 「戦争で平和を」としきりに唱えたのはナチスのヒットラーであり、その結果がどうなったかを歴史が示している。
 何としても戦争に歯止めをかけなければいつか来た道をたどることになってしまう。
 丹羽さんの本を多くの人に読んでもらいたいと思う。それと共にNHKを始めとするマスコミも日本国の最高権力者が嫌がるような良心的な番組を製作して戦争の悲惨さを多くの国民に知らせて欲しいと願う。
 私が仕事場にしているマンションの目の前に小学校があり、グラウンドでは子供たちが歓声をあげて楽しそうに走り回っている。
 この子供たちが戦争に巻き込まれることのないようにするのは私達大人の責任であり、インパール作戦のような愚かな戦争を二度としない、そういった戦争のできない国にしなければいけないと痛切に思う。










posted by 今井繁之 at 11:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください