2018年01月23日

裏切りを許してくれた人 

        
 
 私は長年、問題解決・意思決定力強化の研修の講師の仕事をしているが、時折り、「独立して研修講師として成功された秘訣は何でしょうか?」と聞かれることがある。
果たして、成功したといえるかどうか分からないが、独立して約30年、何とか講師業を続けられた最大の理由はソニーを辞めた後、お世話になったデシジョンシステム社の社長である飯久保広嗣さんの知遇を得たからである。
 飯久保さんはKT法を日本に導入したケプナー・トリゴー・ジャパン社の初代社長で、私がお目にかかった1986年はその会社を辞め、デシジョンシステムという会社を起業して、KT法を少し手直しした「EM法」(Effective Management Method)という問題解決・意思決定の手法を教える仕事をしていた。
 この会社の『KT法の社内講師経験者募集』という新聞広告を見て、応募して、面接の結果、入社を許され、4年間、この人の下で研修講師の仕事をするようになった。
 ソニーで社内講師をしていたという経験はあったが、その経験がプロとして通用するものであったかといったらそんな甘いものではなかった。
 社内講師としては一定の評価をしていただいていたが、プロ講師としてスタートした直後は、失敗・失敗の連続でお客様から厳しい評価をいただき落ち込んだ。
飯久保さんは「そんなことを気にするな。慣れれば大丈夫だ。君には講師としての素質がある。頑張れ!」と言って励ましてくれて、次から次へと私を講師として色々な企業に派遣してくれた。
 最初は日揮、次は日立製作所、次は東芝、次は資生堂といった具合に日本を代表する企業の幹部研修の講師をすることになった。飯久保さんが何か指導してくれたかというと、特にそれはなかった。「習うより慣れよ」ということで、私なりに工夫してやるようにということで、奮闘努力?した結果、何とかお客様の評価をいただけるようになった。
 飯久保さんは人の好き嫌いの激しいところがあり、気に入らない人はすぐ解雇するといった荒っぽいところのある人だった。ところが私には大変優しく、「今井ちゃん」、「今井ちゃん」といって可愛がってくれて、「ネクタイが今一つだ。プレゼントする」と言って高いネクタイまで買っていただいたことがある。
 赤坂エクセルホテル東急の最上階にあるレストランで美味しい食事を何度もご馳走になった。
 デシジョンシステム社の同僚は「飯久保さんはなぜ今井さんを可愛がるのか不思議だ」と言うが、一度たりとも飯久保さんと対立するようなことはなかった。
 飯久保さんに感謝しなければならないのはプロ講師としての心構えを学ばせてもらったこと以上に、多くの優良企業の人事・教育関係者と親しくなる機会を与えていただいたことである。
 度量の狭い人間であれば、講師が独立することを警戒して、お客様との深い関係になる前に担当を替えるといったケチなことをするかと思うが、そのようなことはまったくなかった。お陰で担当させてもらった企業の関係者と良好な人間関係を築くことができた。

 私は最初から独立して仕事をしようと思って入社しており、3年ぐらい勤めたら辞めようと思っていたが、結果的には4年勤めることになった。
 1990年、「親のやっている保険業の仕事を引き継ぎたいので辞めさせていただきたい」と申し出たところ、熱心に引き止められたが最終的には了承していただいた。
 ウソをつくのは良くないが、正直に申し出ることはできず、上記のようなウソをついてしまった。私の親が保険業をしているのは事実だが、飯久保さんは私が研修講師として独立して、自分と競合するようになることは予測していたのではないかと思う。
 でもそんなそぶりはまったく見せず歓送会をして私を快く送り出してくれた。
 飯久保さんには本当にお世話になった。感謝しても感謝しきれない。

 私が独立してスムーズに仕事を展開できたのはデシジョンシステムに勤務していた時に研修講師としてお伺いして親しくなったお客様の存在のおかげである。
NHKを始めシャープ、サッポロビール、大塚商会、クラレといった大手企業から仕事の依頼を受けた。
 このお客様の存在がなければ、何の後ろ盾もない私が、見ず知らずのお客様に「研修講師を始めました」という案内を出しても、けんもほろろで、早晩店仕舞いをする羽目になったと思う。
 これまで自社の顧客だった企業が離反して私の方に仕事を依頼するようになったことを知って、飯久保さんは大変怒ったそうである。私にクレームが来るかもしれないと思っていたが、なぜかそれはなくて、飯久保さんはお客様のところにお伺いして、「今井は当方を辞めた人間です。今井には仕事を出さず私共デシジョンシステム社のEM法を引き続きご愛顧いただきたい」と話したそうである。飯久保さんの要請に対して、NHKで職員研修を担当していたTさんから聞いた話であるが、「私共は御社のEM法を採用していましたが、これは講師である今井さんの人柄に惹かれて継続的にお願いしたのです。今井さんが独立して同種の研修を行うというので、今井さんの方にお願いすることにいたしました。悪しからずご了承ください」と言ったそうである。
 飯久保さんはお客様の訪問を終えて、自社に戻ったところで、社員を集めて、「今井君はたった一人で独立して、自分が担当していたお客様のほとんどを私共から奪った。敵ながらあっぱれである。奪われてしまった方がよくない。お客様はまだいくらでもあるから新規のお客様の開拓に励め!」と檄を飛ばしたということをデシジョンシステムのかつての同僚から聞いた。その後も事ある毎に飯久保さんは「今井君を見習え」と部下を督励したということである。
 恩を仇で返す行為をした私を一切責めることをせず、私を褒めて、「見習え」といった飯久保さんは本当に度量の大きい人だった

 借りを返すどころか恩義のある人を裏切ったので会わせる顔もなく、それでもいつかはご挨拶をしなければならないと内心、思っていた。
 辞めてから20年ぐらい経った2009年のある日、飯久保さんから突然電話が来た。 昔ながらの優しい口調で「今井ちゃん。元気かい。久し振りに会おう」と言う。
 裏切り行為をしたということで頭の一つもぶん殴られるかと思っていたが、そんなことはまったくなく、会うなり握手を求めてきて「今井ちゃんは凄い。たいしたものだ」と言って褒めてくださった。
 飯久保さんの用件は「自分は年齢的にも講師を勤めるのも難しくなった。戻って来て昔と同じように一緒に仕事をやらないか」というお誘いであった。
 裏切り者である私にこの温情あふれる申し出に恐縮するばかりであった。
 諸般の事情で飯久保さんの申し出に応じることはできなかったが、その後のデシジョンシステム社の研修プログラムの売却の話には多少お役に立てたかと思っている。
 しかし、それも飯久保さんから受けた多大な恩義に対してはたいしたお返しにもならず、今でも忸怩たるものがある。
 また、いつかお会いして「今井ちゃん」と呼んでいただき、お食事でも共にして、昔話をしようと思っている。今度は費用は私が負担しようと思っている。ささやかなお返しだが・・・・。
posted by 今井繁之 at 12:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください