2018年03月02日

 美輪明宏さんの『ヨイトマケの唄』に思う


 2018年1月にNHK BSで『美輪明宏とヨイトマケの唄』というスペシャル番組があり、美輪明宏さんが2012年の紅白歌合戦で歌った場面が再現された。
 この番組では「ヨイトマケの唄」の成り立ちや紅白唄合戦の際の舞台裏が紹介された。
 2012年の紅白歌合戦に出場した美輪さんはこの時、77歳であったという。私は美輪さんのような方は紅白歌合戦に何度も出場していると思っていたが、意外にもこの人はこの時が紅白初出場であったということである。テレビ画面に写し出された美輪さんは普段の長い金髪・艶やかなドレス姿ではなく、短い黒髪、黒い衣装という姿、そしてピンスポットの照明のみという演出で『ヨイトマケの唄』を朗々と歌った。場内に響き渡った美輪さんの歌声に場内の至るところですすり泣きが始まり、インターネット上でテレビ放映中から絶賛と感嘆の声が飛び交ったということである。

 私自身も久し振りに聞いた美輪さんの歌声に涙した。
 久し振りというのは私は以前、ナマで美輪さんの歌声に接したことがあるからである。
 私が美輪さんの『ヨイトマケの唄』を初めて聞いたのは1968年(昭和43年)か、あるいは1969年(昭和44年)である。当時働く人が音楽を観賞する団体として労音という組織があり、私が勤めていた会社はそれに加入していた関係で色々な歌い手の唄を聞いた。当時、美輪明宏さんは「丸山明宏」と名乗っており、当時、丸山さんは「おとこおんな」とか「シスターボーイ」とか言われ、女装する人であることは知っていた。
 私は丸山さんの唄に興味があったわけでなく、丸山さんが私が少年時代を過ごした長崎市の出身ということなので、それに惹かれて聞きに行った。私の席は一番前であった。丸山さんは私の目の前で歌っていた。丸山さんは美しかった。男性に美しいというのはおかしいかもしれないが、男女の垣根を超えて、とにかく美しかった。今の美輪さんと違って実にスリムな体付きで、だけど力強い朗々たる声で歌っていた。最初は「メケメケ」とか「愛の賛歌」といったシャンソン系の唄が多く、私は今一つ唄の世界に没入できなかった。
切りのいいところで帰ろうかな?と失礼なことを考えていたところに何の前触れなしで、「父ちゃんのためなら エンヤコラ」という言葉で始まる『ヨイトマケの唄』を歌い始めた。
 歌っている姿はそれまでのなよなよしたものではなく、大地をしっかり踏み締めて、このか細い体のどこから、こんな力強い声が出てくるのか不思議なくらいの声量で歌い始めた。この『ヨイトマケの唄』を歌っている丸山さんは完全な男性であった。私はその朗々たる歌声に圧倒された。
 特に次に記す後半の歌唱の部分で私は涙を堪えることができなかった。

 何度か僕もグレかけたけど
 やくざな道はふまずにすんだ
 どんなきれいな唄よりも
 どんなきれいな声よりも
 僕をはげまし慰めた
 母ちゃんの唄こそ世界一
 母ちゃんの唄こそ世界一
 今も聞こえるヨイトマケの唄
 今も聞こえるあの子守唄

 父ちゃんのためならエンヤーコラ
 子供のためならエンヤーコラ

 私が泣いたのは私にはこの唄と同じような実体験があったからである。
 私が中学生の時、私の母はこの『ヨイトマケの唄』にあるように、工事現場で荒くれ男たちに混じって「子供のためにならエンヤーコラ」と言って綱を引いていたことがあった。 それを思い出したので自然と涙が流れて来た。確かこの時はお付き合いしていた女性と一緒だったが、彼女は私の涙にびっくりしたようでハンカチを貸してくれた。
 丸山さんの歌声に心は揺さぶられて涙したのは私だけでなく、会場のあちこちで涙をふいている人がいた。
 あれから半世紀近くが経ったが、あの日の丸山さんの姿と歌声はかすかに残っている。
 
BSの放送のあった直前に音楽プロデューサーでもある佐藤 剛さんがお書きになった『美輪明宏とヨイトマケの唄』(文芸春秋)という本を読んだ。
 その本に紹介されていたが、丸山明宏さんがこの唄をマスコミの前で最初に歌ったのは1963年(昭和38年)の12月7日、NHKの「夢で会いましょう」という番組の中であったという。しかし、この時はさほど話題にもならなかったという。私も「夢で会いましょう」は毎回見ていたがこの時のことは私の記憶にはまったくない。
 その後、丸山明宏さんが1965年の3月に東京の日経ホールで小規模のリサイタルを開き、そこでこの『ヨイトマケの唄』を歌い、会場でこの唄を聞いた人の多くが泣いたという評判をNET(現在のテレビ朝日)の木島則夫モーニング・ショーのスタッフが聞き、丸山さんに出演を依頼、4月5日に6分50秒ある唄をノーカットで歌ったという。
 放送直後から放送局にはもう一度聞きたいという要望の電話や手紙が6万通以上あり、4月27日、再び歌ったということである。
 ところが、しばらくしたら、この唄に「働く土方のあの唄が 貧しい土方のあの唄が」という歌詞があるが、この「土方」という単語が差別的であるということでテレビ局やラジオ局が自粛してしまうことになり、放送メディアから姿を消してしまったという。
 「土方」という言葉がなぜ差別的なのか私には分からないが、マスメディアから締め出された丸山明宏さんは私が見た労音の舞台などでこの唄を歌うことになったという。
 私が生でそれも特等席?で見ることができたのはそのお陰である。
         
 この唄は自分を育ててくれた母を恋うる唄であり、幼い日々のことを思い起こし、母に感謝の気持ちを伝える唄であると思う。
 メディアが放送を自粛したのでこの唄は表舞台から姿を消したが、しばらくしたら、丸山さん以外の他の歌手、それも意外と思われる人がこの唄を歌っているのが面白い。
 五木ひろしさんが1974年(昭和49年)にTBSテレビで歌ったということである。五木さんの母親は小さな田畑だけの農業では食べていけないので、男たちに交じって日雇い労働をしていたという。一日も早く母を楽にしたいとスター歌手を目指して苦労した結果、その夢がかなっての初リサイタルの際、母への感謝を込めてこの『ヨイトマケの唄』を歌ったという。そのリサイタルの模様をまとめて放送するに当たって、五木さんの希望でもあったと思うが、TBSの砂田実というディレクターは「放送禁止など何するものか」という気概で番組を作り、『ヨイトマケの唄』を放映したという。
 桑田佳祐さんもこの唄を歌っているということである。
 私は桑田さんは湘南の裕福な家の子供かと思っていたが、そんな恵まれた境遇ではなく、母親と父親は夜の飲食業を営んでおり、親に遊んでもらった記憶がないという。ヨイトマケの唄に描かれている孤独な子どもと外で働く母親の関係が他人事と思えなかったようで、子どもの頃にこの唄を聞いて、なぜか歌えるくらいに曲を覚えていたということである。
 色々な機会にこの唄を思いを込めて歌っており、ソロのベストアルパム『トップ・オブ・ザ・ホップス」にもこの唄が収録されているという。
 五木さん、桑田さん以外にも泉谷しげるさん、槇原敬之さん等10名ぐらいの歌い手が歌っている。

 これだけ多くの人がこの『ヨイトマケの唄』を歌うのはなぜだろうかと考えると、音楽にはまったくの素人の私が思うに、この唄は単に母を恋うる唄ではなく、働く人への応援歌であることが多くの人に支持された理由ではないかと思う。
 母を恋うる歌であれば、川内康範作詞 猪又公章作曲の森進一さんが歌った名曲「おふくろさん」があるが、『ヨイトマケの唄』には額に汗して真面目に働いている人を励ます歌詞があり、その部分が共感を呼んで、多くの人の心を打ったのではないかと思う。
 エンヤコラというほんものの労働歌が入っており、歌詞の中に働く人の姿をストレートに表現した言葉があり、それが働く人の応援歌であると思う所以である。

 姉さんかぶりで泥にまみれて
 日にやけながら汗を流して
 男にまじって綱を引き
 天に向かって声をあげて
 力の限りに唄っていた
 母ちゃんの働くとこを見た
 母ちゃんの働くとこを見た

 そもそも丸山明宏さん、今日の美輪明宏さんがこの唄を作るきっかけは、東京に出て来て、歌手として活躍していたある日、銀座を歩いているとき、偶然に長崎時代の旧友と工事現場で再会、その彼が苦学の末、高校・大学を卒業して今やエンジニアとして立派に活躍しているという話を聞いて、彼が小学校時代に級友に「ヨイトマケの子」と呼ばれ、からかわれたこと、その母親が汚れた格好を恥じることなく授業参観に来たことを思い出してこの歌詞を一気に書き上げたということである。
 この『ヨイトマケの唄』は世の中に受け入れてもらうのに時間を要したという。だが丸山さんがあきらめず歌い続けているうちに、演奏会場で「父ちゃんのためなら エンヤコラ 母ちゃんのためなら エンヤコラ もうひとつおまけに エンヤコラ」という出足の言葉を当初はバカにして聞いていた人達も、私がそうだったように、丸山さんのこの唄にかける真剣な思いが伝わり、次第に真剣なまなざしに変わり、この唄の世界に共鳴していったということである。
この唄が生まれたのが1963年、それから55年が経過しているが、時代は変わっても、この唄を聞いて涙するのは私だけではないと思う。
とにかく美輪明宏さんの歌う『ヨイトマケの唄』は素晴らしい。美輪さんにはいつまでもお元気で、この唄を朗々と歌って欲しいと願っている。それと共に、このようないい唄は時代を超えて受け継がれて欲しいと思う。
              
posted by 今井繁之 at 12:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください