2018年08月09日

これも一局


 『聖の青春』いう名作を書かれた私の好きな作家の一人である大崎善生さんが、将棋の世界では「これも一局」という言葉がよく使われると語っている。
この言葉は対局が終了した後で、戦っていた棋士同士が、「ここでこうすればどうだったか」とか、「こう指していたらあなたはどう指されましたか」といった話し合いをする時に使われる慣用句だという。
 「ここで、銀が上がっていますと?」
 「ああ、まあそれも一局でしょう」というふうに。
 つまり、ある時点で、ある手を選択すると、今日二人で指した将棋とまったく別の将棋になってしまうので、それを検討するということは、もう一局、別の将棋を指すのと同じことになってしまうことである。
 そして、そのようにすでに終わってしまったことをこまかく突き詰めることはあまり意味のあることではなく、終わってしまったことをあれこれいまさら蒸し返すのはやめましょうということである。

 私達の人生においても現実にはそのように歩まなかったが、あり得たかも知れない人生は「これも一局」ということで振り返ることがあるのではないかと思う。過ぎたことであり、元に戻ることは絶対できないのでいまさらあれこれ考えるのは無駄といえば無駄かもしれない。
 そうはいっても凡人の悲しさで、人は自分が現実に歩んできた道以外に別の道を歩んでいたら果たしてどうなっていただろうかと、ふと考えることがあるのではないかと思う。
 私もその一人で、私があり得たかもしれない人生を考えた場合、エポックメイキングともいうべき分岐点がいくつかあるが、その中でも一番大きいのは大学卒業後に入社した会社を思い切りよく辞めるという決断をしたことである。
 私は昭和40年に大学を卒業、勇躍して入社したのは事務機やカメラを生産していたリコーという会社であるが、折からの不況でこの会社には一日も出社することなく、リコー時計というこの会社の子会社に出向になった。そもそもリコーに入社しようと思ったのは、当時、この会社の社長をしていた市村清さんに惹かれたからである。この人の書かれた本を読んで、どうせ働くなら尊敬できる経営者の元で働こうと考えて、市村さんに入社志望の手紙を送付した。その手紙だけで採用が決まったようなもので、私は大学卒業時は就職の苦労というものはまったくしなかった。
 ところが、東京オリンピックの終わった翌年、このリコーの業績不振が表面化して、株価も50円を下回った。そこでリコー本体では採用内定者を全員受け入れるのは困難なのでしばらくの間、子会社で働いてほしいということで大部分の内定者がリコー時計に出向となった。私はリコー時計の富山営業所に配属になり、時計を販売する仕事に従事することになった。朝、腕時計が一杯詰まった大きなバッグを右手に持って営業所を出るが、帰りは左手にも返品となった時計を持って帰るという日々を続けた。なぜ、そうなったかというと、当時のこの会社の製品の品質がよくなかった。私は訪問した時計店のご主人から「オタクの時計はすぐ止まったり、時刻が狂ったりするという不良品が多く、安心してお客様に販売できないので扱いたくない」と言われてしまった。私以外の営業マンも同様だった。そこで、営業所では、まともな営業をしても引き取ってもらえないので、月末になると時計店に商品を勝手に送って売上数字だけは挙げるという信じられないことを行なうことになった。翌月、時計店を訪問して、返品伝票を書いて私達がそれを持ち帰るということを繰り返していた。
 リコー時計に勤務するようになって2ヶ月位経過した時、名古屋で中部地区の営業マン全員を集めての販売会議があった。中部地区のトップである支店長が「この販売不振を脱却するために何でもいいから意見があったら言え」というので、手を挙げて、「こんな販売を続けていたらダメです。本社に品質の安定した製品を早急に作るよう意見具申するべきです。それまでの間は品質が安定している旧高野精密の柱時計中心に営業するべきだと思います」と述べた。支店長は真っ赤になって怒り、「貴様はいつ入社したんだ?」と言う。「今年の春、入社した者です」と答えると「生意気なことを言うな。商売の何たるかを分かってないくせにそんなことを言うのは10年早い!」と言う。「あなたが何でもいいから言えというから日頃考えていることを言ったまでです」と言い返した。「分かった。君の意見は聞きたくない」ということで私の提言は受け入れてもらえなかった。
 (この会社はダメだ。先はない。早いところサヨナラした方がよさそうだ)と考えて、辞表を出して辞めることにした。
 その後、リコーの業績は回復して、私と同様にリコー時計に出向になった人達は短い人は1年後、長い人でも3年以内にリコー本社に戻ることになった。

 リコーの業績が悪くなく、出向にならなかったらどうなったか?
 出向先のリコー時計でも生意気なことを言わずひたすら忍の一字で耐えていたらリコー本社に戻ることができて、本社でそれなりの仕事を任されて、まずまずのポジションを得られたかもしれない。同社はその後、優良会社に生まれ変わり、私と同期入社した人の中には取締役まで昇進した人もいるので私もその程度まで行けたかもしれない。
それもあり得たかもしれない人生である。
 早い段階で見切りをつけて、この会社を辞めたことを悔いた時期もあったが、私の尊敬していた市村さんは会社が立ち直ったのを見届けて、私が辞めた数年後にこの世を去っており、この会社にいたとしても、あまり意味のあるものでなかったような気がするので、早い時期に辞めたことは間違いではなかったのではないかと思っている。

 作家沢木耕太郎さんの書かれた作品に『世界は使われなかった人生であふれている』があるが、「使われなかった」というのは、選択いかんによってはありえたかもしれない人生という意味で使用されているものと解釈している。その作品で人生のある段階で別の決断をしていたらどうなったのだろうかと想像するというものだが、私も大学卒業後勤めたリコーだけでなく、その後勤めたいくつかの会社を辞め、40代の半ばでサラリーマン人生に別れを告げて、研修講師として独立するという決断をしているが、そういう道を歩まなかったら果たしてどうなっただろうかと考えることがある。
 あり得たかもしれない人生、現実にはその人生を歩まなかったから、果たして本当にどのような結果になったかは誰にも分からない。
 あり得たかもしれない人生が果たしてどのようなものになったかは想像の世界になってしまい、それと現実に歩んだ人生とを比較するのは大変難しいが、つらいこと、苦しいことも多少はあったものの、現実に歩んだ人生は今のところ総じてハッピーなので、結果よければすべてよしということで、この生き方でよかったのではないかと思っている。          
posted by 今井繁之 at 13:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください