2018年08月09日

禍福はあざなえる縄の如し


 「禍福はあざなえる縄の如し」という言葉がある。
 この言葉の意味として「この世の幸、不幸は寄り合わせた縄のように、常に入れ替わりながら変転すること」と広辞苑に出ている。
 その通りだと思うが、私はこの言葉を勝手に、「人生のある時点では一見不幸に見えても、本当に不幸かというとそうでもなく、その不幸がバネになって後年の幸せに繋がることがある」という意味に解している。

 なぜ、そのように解釈するかというと、私には次のような体験があったからである
 私は中学1年から3年(昭和29年から32年)までの間、長崎市内で生活をしていた。 数年前、仕事の関係で長崎市に行った時、原爆の落ちた浦上天主堂の少し先にある赤迫地区で昔、大変お世話になった駄菓子屋さんを探した。
 お世話になったというのは、その駄菓子屋さんで「芋飴」を購入させてもらったからである。駄菓子屋さんはおばあちゃんが一人でやっている小さなお店だった。あれから半世紀も過ぎているので当然だが、そのお店はどこを探してもなかった。
 「芋飴」はこのお店にあるお菓子で一番価格が安かった。1円で3ケもらえた。ただ、1円では買いづらかった。3円あれば堂々と買えた。しかし、その3円だって、ポケットにない日が多かった。貨幣価値が今とまったく違うが、当時の3円は今に直すと50~60円前後ではなかったかと思う。
 「芋飴」はどのようにして作ったものか分からないが、まずまず美味しかった。
 私の好物は今も昔も「あんドーナツ」には変わりはないが、この当時、「あんドーナツ」はいくらしたか分からないが、私にとっては高嶺の花であり、「芋飴」で満足していた。
 この時期、新聞配達をして、月850円の収入を得ていたが、それは全額、母親に渡して、生活費の足しにしてもらったので、金欠病が通常であった。
 お金があったら口惜しい思いをしなくて済んだと思ったことがいくつもあるが、今でもよく覚えているのは紙芝居を堂々と見れなかったことである。
 まだテレビが一般家庭に普及していない時代であり、当時は紙芝居が全盛であった。
 紙芝居のおじさんが来ると群がって紙芝居を見に行った。だけど紙芝居を見るには5円の水飴を買わないといけない。5円あれば紙芝居を一等席で堂々と見ることができたが、水飴を買わない子供はおじさんに追い払われた。5円はなかったので、私達兄弟は紙芝居のおじさんに見つからないように木の陰に隠れてこっそり見ていた。

 口惜しい思いをしていたのは私と弟だけではなかった。
 私には妹が2人いるが、上の妹が小学校に入学する日のつらかったことを今でも覚えている。
 ランドセルを買うお金がなかったので、妹は母親の手作りのズックの物入れを手に下げて入学式に出かけた。母に手を引かれて妹は嬉しそうな表情を浮かべていたが、それを見ていた私の心は辛かった。
 とにかくお金がなかったので、お金になることであれば泥棒以外のことは何でもやった。 その中でも一番稼げたのは電線拾いだった。今は見掛けなくなったが、以前は電柱が道路沿いに立っており、電線の取り換え工事をよくしていた。工事をしている現場に行くと切った電線が下に落ちている。銅線である。長い銅線ではなく、もう使いようのない10センチ前後の短い銅線である。これを鉄くずやさんに持って行くと結構な金額で買ってくれる。
 結構な金額といっても20~30円だったと思うが、これはいい収入になった。
 子供同士で銅線の熾烈な争奪戦になったが、工事に従事しているおじさん達は笑みを浮かながら私達子供が拾うのを許可してくれた。
 全体的には貧しい時代だったが、心優しいおじさんのいる時代でもあった。

 わが家の貧乏物語を語るのが趣旨ではなく、今回は貧乏であったことが必ずしも不幸でなかったということを言いたいのである。
 貧乏といえば確かに貧乏だったが、だからといって卑屈になることはなかった。
 何故かといえば、周りを見渡せば私達と同様の貧乏な家庭が多かったせいだ。
 昭和31年に経済白書で「もはや戦後ではない」と記述されたことを後年知ったが、私の実感では当時はまだまだ貧しい人の方が多かったような気がする。
 最近よく言われる「格差社会」は当時は存在しなかったのではないかと思う。
 お洒落な服装をしている同級生もいたが、それはわずかで多数派はお粗末といえば語弊があるが似たような質素な服装であった。格差がなければ羨むことも少なくてすむ。
 貧乏が理由で学校でいじめに遭うようなこともなかった。
 私達兄弟は仲良しだったような気がする。兄弟喧嘩をしたような覚えがまったくない。 食べ物で争い事があってもおかしくないがそのようなことはなかった気がする。
 今、考えてみると、貧乏だったからお互いを思いやる気持ちが芽生えて、争うことなく、仲良く過ごせたのではないかと思う。
 私より2歳年上の兄は親父の故郷である長野県の伯父の家に預けられていたので、子供は私と弟、妹二人の4人だった。その4人共すでに60歳を超えたが、今でも時折会って昔の貧乏だった時代にあったことを笑い話にしている。貧乏な時代を共有したからこそ、今日まで仲良しの状態が続いているのではないかと思う。

 私自身、貧乏は自分に与えられた運命と受け止めて、他の人を羨むとか、誰かを恨むということはなかった。
 貧乏から抜け出すには子供である自分達が働くしかないと自然に考えるようになり、朝4時に起きての新聞配達を何ら厭わなかった。
 私は中学1年生だからいいとしても、弟はまだ小学校5年生だった。その弟が愚痴の一つも言わず私と一緒に早起きして、私より遠い地域に配達に出かけたのだから、兄として泣き言を言うわけにはいかなかった。
 もし、私達が経済的に恵まれていたら、新聞配達をしようなんてことは思いもよらなかったと思う。貧乏であったからこそ、それを克服するには働かなければならないという気持ちにさせてくれた。働くと決めた以上は多少つらいことがあっても我慢して努めなければいけないという克己心が養われた。
 よく考えてみると、中学1年生で新聞配達して以来、今日まで一貫して働いている。
 遊んでいるという時期はまったくなかった。もちろん、高校、大学と行ったが、高校の時は昼間、工場で働いていたし、大学の時は各種アルバイトで生活費を稼いでいた。
 働くことを何ら厭わないのは少年時代に働くことが当たり前だという生活をしたお陰である。

 不遇であったりすると、自分の努力が足りないことを棚に上げて、親が良くなかった、育った環境がよくなかった、世の中がよくない、自分は運が悪いとか、何かと他に責任転嫁する人が結構いるが、私はそれが大嫌いである。 
 私の少年時代にはそれほど見掛けなかったが、昭和50年代に、自分たちのことを親や先生は分かってくれないと言って、「夜の校舎、窓ガラス壊してまわった」とか「盗んだバイクで走り出す」といった歌詞の唄をもてはやす若者がいたが、自分達を理解してくれないからという理由で他に八つ当たりするなんて行為は甘ったれているだけで、卑怯な行為だと思う。
 年号が昭和から平成になり、すでに30年が経とうとしている今日、そういった若者がより増えてきているように思うが、そんな甘ったれたことを言っても自分を貶めるだけで、何の役にも立たない。
 私はこれまでの人生で沢山の人にお世話になっているが、自分が努力しないでいて、最初から人の助けに縋るということはなかった。
 他人に縋ることはよくないことで、自分の力で生きていくのが当然であると思って今日まで歩んで来た。
 「自助努力の精神」が養われたのは子供の頃の貧乏体験があったお陰である。

 貧乏な少年時代は不幸であったといえば確かにそうだが、兄弟がお互いに助け合うようになったこと、克己心が養われて逞しさが身に付いたこと、そのお陰で自力で進路を切り開くことができたのは、偏に少年時代に貧乏な生活を送ったからであり、冒頭の「禍福はあざなえる縄の如し」の私の解釈はご理解いただけるかと思う。
                                 
posted by 今井繁之 at 13:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください