2018年08月20日

私は実社会という大学で学んだ


 いささか旧聞に属する話で恐縮だが、英国の元首相メージャー氏が首相在任中にテレビインタビューで次のようなことを語って物議をかもしたことがある。
 インタビューで「私は実社会という大学で学んだ」と語り、「知性と常識こそ大学教育より重要である。(中略)高等教育の証明書を山のように持っている人を多数知っているが、そんな証明書はほとんど何の役にも立たない」とも語った。
 サーカス芸人の子に生まれたメージャー氏は16歳で事務員や建設労働者として働き始め、大学には進まなかった。
 このメージャー氏の発言に英国の野党は「教育を軽視している」と攻撃したというが、メージャー氏と似たような経験を持つ私はメージャー氏に同感する。
 私は一応、大学卒業の証明書を持っているが、大学で学んだことが現実の仕事にどの程度、役に立ったのかと言われるとそれはほとんどなく、実社会で学んだことの方がはるかに役に立っている。
 私は中学を卒業して長野県岡谷市にあるマルヤス機械という会社に就職、その会社に勤務しながら夜間高校に通い、さらに上京して明治大学に進むという普通一般の人と少し変わった道を歩んできた。
 そんな私が研修の合間に受講生と歓談した時、ひとりの受講生から「学校はどちらを出られたのですか?」と聞かれたことがある。出身大学を聞いているのだろうとは思ったが、意地悪をしようとしたわけではないが「長野県にある中学校です。私は中学を卒業してすぐ就職したのです」と答えたことがある。その方は驚きの表情を浮かべて「本当ですか?」と言われる。「ええ、本当です。ただ、その後、定時制高校に進み、さらに明治大学の商学部に入学、そこを卒業しています」と答えたら、心なしかほっとした顔をしている。
 高校、大学を卒業していることは確かであるが、「高校、大学で何を学んだのか?」と問われると答えに窮する。
 定時制高校の時は大学受験という目標を得てからは、授業は適当に受けて、あとはひたすら大学入学のための勉強に勤しんだ。
 頑張って入学した明治大学では生活費を捻出するため、アルバイトには励んだものの、これといって熱中して勉強したという教科はゼロである。
 卒業後、大学で学んだことで生きたことはほとんどない。
 その責任は指導する学校側にあったかというと、受講する私の姿勢にあったと言える。
 その証拠に私は3年生の時、マーケティングの権威である三上富三郎教授の指導する三上ゼミに所属していたものの、何を教えていただいたかをまったくといって覚えていないが、同じゼミ生で、盛岡で『ジョイス』というスーパーを経営していた小苅米淳一君は「三
上先生の教えは大変役に立った」と言うからである。
 自分を標準にして、大学では実社会に出て役に立つ学問はまったく教えていないようなことを言ってしまったが、皆が皆、私のように不勉強な学生ばかりではないので、小苅米君のように熱心に勉強して、実社会に出て、それを生かしている人の方が多いかと思う。
 ただ、私に限っていえば大学4年間は無為に過ごしたといっていい。
 皮肉なことに、大学を卒業後、実社会に出て、役に立ったことは、中学を卒業して入社したマルヤス機械で体験した事柄である。
 どんな体験が具体的に役に立ったかと問われると次のようなことがあった。
 私が所属した検査係を含む製造課の課長であった山田寅雄さんという人は映画俳優にしてもよい位、ハンサムな人であったが、仕事面では大変やり手であり、この人が来ると職場には緊張感が漂った。私はこの人が苦手で、直接声を掛けられて震え上がったことがある位、私には怖い存在であり、入社した当初はできるだけ顔を会わせないようにしていた。
 私にはこの人がなぜ若くして製造課の課長になったのかが分からなかったが、ある日の出来事でそれが分かった。その日は、外は雪が降っていて大変寒かった。私達検査係のメンバーは出来上がった製品に不具合がないかをチェックするという作業をしていた。
 非常に大きな鋳物製品であり、それを水槽の中に入れて空洞がないかをチェックして、空洞があると水の中に手を突っ込んでその箇所をマークするのが私の役目であった。
 信州の冬は寒く、水槽の中の水は手が切れるような冷水であり、水槽の中に何度も手を入れるというのは非常につらかった。周りにはストーブもなく、手を暖める暇なく、再度手を入れなくてはいけないのだが、あまりにも冷たい水なので、つい躊躇したことがある。
 一緒に作業していた主任も係長も水が冷たいのが分かっているから手を出さない。そこに通り掛かったのが山田課長である。「繁之、チョークを寄越せ」と言って、私の手からチョークを取って、ワイシャツの腕を素早くまくり上げ、冷水の中に手を突っ込む。
 この人はこの苛酷な作業を涼しい顔で行う。これにはびっくりし、そして感動した。
 その日以降、私は山田課長を尊敬の眼で見るようになった。
 人の上に立つ人は部下の嫌がるつらい仕事を進んでやらなければならない、自分にとって嫌な仕事、つらい仕事を上位者の権威を借りてただ指示するだけでは、部下は付いてこないということをこの山田課長の行動から学んだ。
 後年、私が組織のリーダーになって部下にきつい仕事をやってほしいとお願いするような場面では、この時の山田課長の姿を思い起こし、リーダーというものは部下と一緒に汗を流してこそ真のリーダーであると自分に言い聞かせてきた。
 仮に大学の授業でリーダーは率先垂範しなければならない存在であるということを学んだとしても、目の当たりにそのような場面がリアルに思い浮かばなければ、そうかもしれないと思う程度で、後年、実践するまでには至らなかったのではないかと思う。
この会社では働くとはどういうことなのか、下積みで働いている人の上位者に対する思い、現場で汗と油にまみれて働いている人達がきれいな事務服を着て事務所で働いている人に対して、どんな思いを持っているかなどを学んだが、これが大学卒業して人事部門で働き、課長、部長というリーダー職を務めるようになったところで、大変役に立った。
 そういった意味で、私にとっての『大学』は中学を卒業後、4年間お世話になったマルヤス機械という会社であるといってもよいかもしれない。

 また、明治大学を卒業してから今日の研修講師になるまでの間、10数年に渡って勤務していたソニーの子会社である桜電気(現ソニーイーエムシーエス木更津テック)という会社で体験したこと、上司から教えていただいたことがその後の私の人生で大変役に立った。
 特にこの会社の社長であった鳥山寛恕さんには貴重な『常識』を教わった。
 もうかれこれ40年ほど前になるが、鳥山さんと一緒に「トヨタかんばん方式」について教えを乞いにトヨタ自動車の元町工場を見学に行った。私は工場を見学した際、いつもの癖で片手をスボンのポケットに突っ込んでいた。さらにあちらの応接室でトヨタの総組立部長の松永さんという方から懇切丁寧な説明を受けていた際、私は無意識であったが足を組んで聞いていた。
 この工場見学の終わった翌日、私は鳥山さんに社長室に呼ばれてこっぴどく叱られた。
 「お前は常識を知らない。俺は、昨日は恥ずかしくて仕方がなかった。工場見学している時、俺がお前さんの腕を何度か引っ張ったことがあるだろう。何で俺があんなことをしたかお前に分かるか?」ときつい調子で言う。「さあ、何か変だなあと思ったのですが分かりません」と脳天気なことを言った途端、「馬鹿もん!人様の会社に行って、相手の方が案内してくださっているのにポケットに手を突っ込んでいるとは何事だ。それと人の話を聞くのに足を組んで聞くというのはどういう了見だ。俺は勿論だが、説明してくれた方だって足を組んでいなかったのに一番若造であるお前が足を組んでいた。あんな生意気な態度は許せない。外国ならいざ知らず、この日本では目下の人間が目上の人から話を聴く際には足を組まないのが常識だ。俺に二度と恥をかかせるな!」と。
 「分かりました。申し訳ありません」と平謝りに謝ってなんとか勘弁してもらったことがある。この厳しい叱責があるまで、私はそれまでポケットに手を突っ込んで歩くことも足を組んで人の話を聞くのも、それほど失礼なことではないとは思っていた。苦々しく思っている人は沢山いたと思うが、面と向かって注意されたことはなかった。
 鳥山さんに、きつい調子で『常識』を教えられ、それ以来、そのような生意気な態度を取ることは極力なくそうと努めて今日まで来ている。
 もし、あの時、鳥山さんから叱責されることなく、『常識』を教えられなかったら、私はその後の人生でさらに沢山の恥をかき、謗りを受けたと思われる。
 本来なら男親が教えるべきことなのかもしれないが、たまたま私は成人してから父親と接することは少なかったこともありそのような『常識』を教わらなかったし、また大学でもそのような『常識学』という講座はなかった。
 このような失敗も含めて、この桜電気という会社で数々のトラブルに遭遇し、その都度悩み苦しみ、意思決定の難しさを味わい、また十分なリスク検討もせずに実行に移して、上司からきついお叱りをうけるという体験を通じて、貴重な教訓を得たが、それらは現在の研修講師の仕事にズバリ生きている。

 マルヤス機械を始めいくつかの会社での数々の苦い体験がなかったら、一通りの講釈はできても、講義は実に薄っぺらなものになり、受講者を納得させることはできなかっただろう。学校で知識を学ぶことは決して悪いことではないが、その知識は現場に身を置いて初めて分かることが多く、知識を生きた知恵にするのは現場である。
 実務に生きる本当の学問は現場にあるといって差し支えない。
 私もメージャー氏同様、多くのことは実社会という大学で学んだと実感している。
posted by 今井繁之 at 16:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください