2018年09月17日

戦力外通告をされないために


 サラリーマンにとって自分は十分戦力になり得ると思っているのに、会社から「君は戦力と見なしていない。よって潔く辞めていただきたい」と戦力外通告されるのはつらいものである。
 サラリーマン時代、私自身は幸いなことに「戦力外なので辞めてほしい」とまで言われたことはなかったが、私の周囲でそのように宣告された人がいた。
 戦力外を通告されて退社することになったその人が、私の元に挨拶に来た時、「いずれは会社をやめなければならないと思っていた。しかし、こんな悔しい思いで会社を去ることになるとは思っていなかった。二度とこの会社の門はくぐらない」と言って悔し涙を浮かべて会社を去っていった。
 自分が会社の戦力になっていないという自覚があれば受け入れる気持になるが、そう思っている人は少なく、大部分の人は戦力外を通告されたら、なぜ自分がそのような辱めを受けなければいけないのかと悲嘆にくれるはずである。

 「戦力外通告」という言葉が一番ポピュラーに使われるのはプロ野球の世界ではないかと思う。毎年シーズンオフにはこの言葉が登場して悲喜劇が報じられる。
 2017年の末、読売巨人軍から戦力外通告を受けたものの、ホームラン王2回受賞という実績からしたら他の球団から入団の依頼があると思っていた村田修一という選手がいた。ところがどこからも声がかからないので、他日を期して、BCリーグのチームに入団して頑張ったが、翌2018年の7月になっても入団してほしいという球団はゼロでプロ野球界にカムバックすることは叶わなかった。可哀想だが仕方がない。
 まだ結果を出せる選手だと思ったが、単に力量だけでなかったのかもしれない。
 でも一度は戦力外という烙印を捺されたが、それを跳ね返した選手がいる。
 いささか旧聞に属する話で恐縮だが、2007年、日本一を競った日本シリーズでMVPを獲得したのは中日ドラゴンズの中村紀洋選手であった。彼のその年の年棒は600万であった。これまでMVPを取った選手の中でも史上最低の年棒ではないかと思う。
 2004年、彼は日本人選手としては最高の5億円の年俸をオリックス球団からもらっていた。2005年、大リーグに挑戦したがうまくいかず古巣のオリックスに戻ったところで年俸は2億円に減ってしまった。ところが2006年の暮れ、彼はオリックス球団から事実上の戦力外通告を告げられ、新たな働き先を探したが、彼を採用したいと名乗り出る球団はなかった。最終的には中日ドラゴンズが育成選手の枠で彼を採用してくれた。給与はなんと600万円。よくぞこの屈辱的な条件で入団したものだと思うが、その低年棒にも関わらず、その年、打率2割9分3厘、本塁打20本、打点79という成績を残した。そして2008年度は年俸は5000万で契約することになった。かつての10分の1であるが、彼は真剣にプレーを続けた。
 その年のシーズンオフにFA宣言した彼には東北楽天イーグルスから声がかかり、2009年からは年棒1億5000万円でプレーすることになった。
 その後は体の故障のため十分な活躍はできなかったのは大変残念だが、彼は戦力外通告という非情な扱いを見事に跳ね返した選手であった。

 2006年にオリックス球団から戦力外を告げられた時、中村選手は自分はまだまだできる、年齢だってまだ33歳、どこだって自分を取ってくれるはずだと思っていたはずである。ところがどこも自分の希望する条件では取ってくれないということが分かった時、彼はこの理不尽な処置に怒ったはずである。しかし、現実がそうであるならばここは「韓信の股くぐり」の心境で、本年度の年俸はどうでもいい、どこの球団でもいい、自分を採ってくれるところがあれば、そこに行き、そこで活躍して正当な評価を得ようと思ったものと思われる。育成選手、背番号99という屈辱的な扱いにも関わらずそれを跳ね返した中村選手の頑張りは立派だと思う。
 サラリーマンにしてもプロ野球の選手にしても戦力外になるにはそれなりの理由があり、一番大きいのは力量が落ちて支払う給与に見合うだけの働きが期待できないことだろうがそれ以外に組織として仕事を進めていく上でチームワークを乱すという理由から引き続きの雇用を見合わせるということもあるかと思う。
 戦力外通告された人は不本意な扱いに怒るが、己にも至らないところがあったのではないかと自分自身で反省しないと次の飛躍はむずかしい。

 サラリーマンでも戦力外通告を受けた場合、あるいは戦力外通告までいかなくても閑職に追いやられた時は、上司を含む周りの人を恨むだけでなく、なぜこのような仕打ちを受けなければならない仕儀になったのか、自分に至らないところがあったのではないかと素直に反省することが必要である。そうでないと次の飛躍は難しい。
 当人に至らないところがあり、周りの人はそれを苦々しく思っていても、当の本人にはあれこれはっきり言わないものである。
 中村選手を育成枠で採用した中日ドラゴンズの前監督落合氏が日本ハムの前監督梨田氏とのテレビ番組の対談で「自分は『お前(中村選手)のこういうところがよくない、改めなければダメだ』といったようなことは一言も話していない。プロなんだから自分で気付かなければダメであって、そういう反省がないのに端があれこれいっても身に付かない」と話していた。
 私がサラリーマン時代、自分自身は戦力外通告を受けたことはないといったが、閑職に追いやられたことがある。その時はなぜ私にそのような人事をするのかと怒髪天を衝くという思いでいっぱいになったが、しばらくして落ち着いて考えてみると自分にも反省する部分が沢山あることに気付いた。
 その反省があったからこそ、次の機会にそれを活かすことができた。

 戦力外通告を受けないのに越したことはない。そのような通告を受けないにはどうしたら良いかといえばひたすら実力と人間性を高めるような努力をするしかない
 担当する仕事を通じて知識・技能・技術を身につけると共に機会を見つけて勉強をしてどこに行っても通用する実力をつけなければならない。その上で、身に付いた力を与えられた仕事で存分に発揮して余人をもって代えがたいという存在になるよう努めるべきである。

 戦力外通告を受けないために上司を含む周囲の人達との良好な人間関係を構築しておくことも時として有効であるが、それが本当に頼りになるかといえば怪しいものである。
 世の中、冷たいもので、力のなくなった人には他人は手を差し延べてくれないものである。
 実力があってもチームワークを乱すような言動があまりにもあり過ぎると、トータルすると、こいつはいない方がよいということになり、「残念ながらお引き取りいただきたい」ということになってしまうので、他の人との協調性の涵養にも努めるべきである。
 人間関係のもつれから閑職に追いやられることになったら自分の至らなかったところは反省すると共にこれも一つのチャンスととらえて充電に努めることも時には必要である。 たとえ、戦力外通告されても、「捨てる神あれば拾う神あり」で、これまで培った知識・技能・技術を活かして生き生きとした第二の人生を送った人は沢山いる。そのように活躍できるのは、以前の勤務先で幅広く勉強して研鑽に努め、人間性も含めて、どこでも十分通用する実力が身に付けていたからであると思う。

 プロ野球の選手は個人事業主であるといわれるがサラリーマンだって見方によっては個人事業主といえないことはない。プロ野球の世界ではシーズンオフには契約更改があり、力のない選手は戦力外を通告されるが、サラリーマンの世界でもいずれはそのようなことになるかもしれない。むしろ、実質的にはそういう時代が来ているといってよいかもしれない。
 プロ野球の選手として長く活躍している選手は天分もあるかと思うが体がなまらないように不断に体を鍛えており、技倆を磨いている。特に年齢を重ねてくれば、より努力を怠らない。選手寿命の長い選手はシーズンオフに誰に言われるまでもなく、自分自身で体の手入れを怠らない。
 不断の努力は必ず自分に返ってくる。
 サラリーマンも己の能力伸長を勤務先に委ねることなく、「天は自ら助くるものを助く」という教えの通り、自分自身の努力で己の能力を高め、戦力外通告を受けないように努めなければいけない。
           
posted by 今井繁之 at 13:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください