2019年06月24日

行蔵は我に存す

   
 日本維新の会に所属なのか、大阪維新の会に所属なのか、どちらでも同じようなものだが、「北方領土を戦争で取り戻す」発言で物議を醸した丸山穂高という衆議院議員に対して国会で議員を辞めるようにという糾弾決議が出されたのに対して、丸山議員は「行藏は我に存す。毀誉は他人の主張、我に与(あずか)らず」という幕末に活躍した勝 海舟の言葉で勧告を拒否したということである。
 丸山議員のようなお粗末な人間に自分が述べた言葉が使われて、地下に眠っている勝 海舟も苦笑しているかと思う。
 「行蔵は我に存す。毀誉は他人の主張、我に与らず」は平易な言葉でいえば、「行いは自分のもの、批評は他人のもの、私が知ったことではない」ということであり、換言すれば「何かを実行しようとする者は、雑音に耳を貸すことなく己を信じて歩むのみ」ということである。「行蔵は我に存す」を「行蔵は我にあり」ともいうようである。
 私はこの「行蔵は我にあり」という言葉は大変好きで、成人になってから、何か判断に迷った時に、自分にこの言葉を言い聞かせて、自分の行動を律して来た。
 私はそれほど意固地な人間ではないと思っているものの、時には意に沿わないことには節を曲げてまで膝を屈することを潔ぎよしとしないことがある。
 損な性分だと思うが、こればかりはどうしょうもない。

 サラリーマン生活に別れを告げて研修講師になったのもそのせいと言える。
 私は今から30数年前、埼玉県坂戸市にあったソニーボンソンという会社に勤務していた。その会社で私の前任地であるソニー木更津という会社から「出向」の形で、この会社に来ていた私の長年の友人である赤荻敏治氏の処遇を巡って、私の上司である北島さんというこの会社の社長と意見が対立したことがある。
 赤荻氏は出向期間2年という約束で、この会社の資材管理部の立て直しのために来てもらっていた。この出向には私が密接にからんでおり、ソニー木更津の社長である田村さんという方との間で、2年の出向期間を終えたら、赤荻氏はソニー木更津のしかるべきポストに迎え入れるという約束で出向してもらっていた。
 赤荻氏の努力もあって資材管理部の業務の整備は順調に進み、彼は満2年を迎えたら、ソニー木更津にカムバックできると思っていた。私は、北島社長に赤荻氏の出向期間がもう少しで終わることを告げた。すると、北島社長は君は何を言っているのだという調子で 「2年経ったら木更津に戻すなんて昔の約束だ。赤荻君には引き続きウチで働いてもら おうじゃないか。君からそう話しておいてくれ。何かまずいことでもあるか?」
 「いや、彼は2年の約束で家族を木更津に残して単身赴任で来ているんです。期間を延 ばすのはうまくないです。約束違反になります」
 「人事ではこの程度の約束違反はよくあることだよ。君が話せないなら俺から話そう」 「いえ、この出向はソニー木更津の田村社長も一枚噛んでいますので、田村社長と話を してください。約束は守るべきだと思います」
 「実は田村さんとはすでに話がついている。田村さんは『そちらで必要でしたらどうぞ お使いください』と言ってくれている。今更木更津に帰っても、適当なポストがないと も言っている」
 「本当ですか。それはないですよ。一応、赤荻さんの気持ちも聞いてみます」

 そういうやりとりがあり、私は自席に戻り、赤荻氏の意向を確認すると、当然のことであるが、彼は「木更津に戻りたい」と言う。
 そこで、その日の夜、ソニー木更津の田村社長に電話して北島さんが私に語ってくれたことの真偽を確認すると「今井さんには申し訳ないが、北島さんの言われる通りだ。こちらに戻って来ても適当なポストがない」と言う。「それはないです。私は赤荻さんにウソをついたことになります。男の約束を守ってください」と言うと、「分かりました。何とか考えてみましょう。またご連絡いたします」と言うので、その日は一安心してぐっすり眠ることになった。
 翌日、出社すると、北島さんが「今井君、こっちに来てくれ!」と社長室に呼ばれた。 普段は「今井さん」だが、この日は「今井君」だった。社長室に入ると北島さんは顔を真っ赤にしてつかみ掛かるような調子で私に話す。
 「君は昨夜、ソニー木更津の田村社長に電話しただろう。余計なことをするな!」
 「いや、私は当初の約束を確認しただけです。一度交わした約束は守って欲しいとお願 いしただけです」
 「それが余計なことだ。君はいつから社長になったのだ。田村社長は君からの電話に大 変困惑したということだ。二度と電話させないでくれと頼まれた。だいたい君は俺の部 下だ。俺が指示したことを忠実にやってくれればいいのだ。下らない理屈は言うな」
 「確かに私はあなたの部下ですがこの決定はおかしいと思います」
 「青臭いことを言うな!」
 この後、北島さんの「人事権は俺にあるのだ・・・・」といった理屈にならないようなことを話すのを聞き流しながら、一度交わした約束を破ることを恬(てん)として恥じないこの人と、これ以上、話しあっても無駄だと思い、「分かりました」と言って引き下がることにした。
 北島さんは苦労人ではあったが、人格的には尊敬できる人物ではなかったので、このようになるのは仕方ないとしても、「考えた上で連絡します」と約束したのに関わらず、北島さんに「今井には電話させないように」と依頼したソニー木更津の田村さんの変身ぶりには失望した。田村さんに再度電話しようかと思ったが、状況は変わることはないだろうから止めることにした。
 その日は寝床に入って自分の言動は間違っていなかったかどうかを自問自答した。そして、(私は間違っていない。間違っていないと思うことを主張しても容れられないこの状況から脱するべきだ。そろそろこの辺りで生き方を変えよう)と思った。

 数日後、再就職先を見つけた私は北島さんに退社の申し入れをした。「先日の件を根に持っているのか?」と聞かれたが、「自分は45歳までの間にサラリーマン生活にサヨナラをしようと思っていたので、いい機会を与えていただき感謝しています」とだけ告げた。 この時の私の年齢は満44歳であった。
 北島さんに告げた後、この会社への異動の世話をしてくれたソニー本社の人事部長の高橋敏夫さんにも退社する旨を伝えた。高橋さんには引き止められ、ソニーグループの他社への異動を世話すると言われたが、「行蔵は我にあり」と言う言葉こそ出さなかったが、慰留はありがたいが、自分が正しいと思ったことを貫くことができないサラリーマン生活をこれ以上続けたくないと話して他社への異動の話は丁重にお断りした。
 約束を守ることができず迷惑をかけてしまった赤荻氏には私の力不足を詫びた。

 我を通してばかりでは何かと損することは多いと思うが、どうしても譲れないことがあり、我に「理」(ことわり)があると思ったら大いに主張するべきであると思う。
 正しいことをねじ曲げるようなことに反対して、「青臭い」と言われても「青臭い 大いに結構」と開き直って自己主張するべきである。
 主義主張だけでなく、生き方だって、人に迷惑をかけないのであれば、「行蔵我にあり、毀誉は他人の主張、我に与らず」と正々堂々と歩むべきである。
 サラリーマン生活に別れを告げたが、その後の人生で、自分の思うところというか、存念というか、それが受け入れてもらえない場面は多少あったが、ささいなことであれば妥協したが、肝心の場面では我意を通して生きてきた。よって後悔することの少ない人生を歩むことができたので、「行蔵は我にあり」を通して来てよかったと思っている。










posted by 今井繁之 at 12:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください