2020年03月19日

戸惑わせない名乗りをする

最近はメールで用件を伝えることが増えた。しかし、メールでは好ましくないということで電話で用件を伝える場合も多い。また、メールアドレスが分からなければこれまでと同様、電話で用件を伝えることになる。
用件を伝える際、先ず、自分がどこの誰であるかを相手に伝えるかと思うが、その名乗りがうまくいかないことが時にはある。
以前、作家の故城山三郎さんが書かれた作品「打たれ強く生きる」の中に元内閣総理大臣の故福田赳夫さんからお電話をいただいた時のエピソードが紹介されていた。
福田さんは大変気さくな方だと思うが、ご自宅から家人を通さず、直接、城山さんに電話を入れたようで「福田ですが」と話し始めると、電話に出た城山さんの奥さんにとって聞き覚えのない声だったので「どちらの福田様でしょうか」と聞いた。福田さんは「ソーリの福田です」と名乗ったという。城山さんの奥さんは「ソーリの福田さんというひとからですが・・・」と訝しげな表情で城山さんに受話器を渡した。城山さんはソーリの福田さんとは誰かな?と思いながら受話器を取った。一瞬、内閣総理大臣の福田さんの顔を思い浮かべたが、福田さんとは以前、ある会合でお会いしたことが一度だけあったきりであり、まるで付き合いがない。
いくらなんでも現職の総理大臣から電話があるなどとは思わず電話に出ると、なんと、その総理大臣の福田さんだった。城山さんは「大変失礼いたしました」と謝ったという。
福田さんの用件は、城山さんが「黄金の日々」というタイトルの作品を書くために、堺の古い歴史を調べていることを知り、堺に旧知のお寺さんがあり、そこを紹介しましょうかという電話であったということである。
福田さんは「自分は現在、内閣総理大臣をしている福田です」と名乗ると相手に威圧感を与えるかもしれないと考えて、気を利かしたつもりで「ソーリの福田です」と名乗ったものと思われる。

似たような事例の紹介で恐縮だが次のような話もある。
以前、何かの雑誌に出ていたが、世界のホームラン王の王貞治さん(現福岡ソフトバンクホークス取締役会長)がプロ野球ダイエーホークスの監督をされていた時に、ヤクルトスワローズの投手コーチを辞めて浪人中の尾花高夫さんという方に投手コーチをお願いしようということで電話を直接されたという。
王さんは電話口に出た尾花さんの奥さんに「王と言いますがご主人はおられますか?」と聞いたと言う。奥さんは、どちらの王さんですか?とは聞かないで、ご主人の尾花さんに「あなたに電話です」と言って、受話器を渡したという。王さんは「王ですがお願いがあります」と話し始めたが、尾花さんは警戒?して「どちらの王さんですか?」と聞いたということである。王さんは「これは失礼いたしました。ダイエーホークスで監督をしている王です」と名乗った。名乗られたところで尾花さんは相手が「世界のホームラン王」の王さんということが分かり、「大変失礼いたしました」と平謝りに謝られたということである。
王さんは「王です」と名乗れば、同じ業界(プロ野球界)の人間なので、分かってくれるだろうと考えて、姓だけを名乗ったと思うが、所属とフルネームを語った方がよかったかもしれない。
社会的に地位がある人であっても、どこどこのだれだれとフルに言った方がお互いに助かるかと思う。

ただ、勤務先名あるいは所属先をストレートに名乗った場合、先方が戸惑われる、あるいは不安に思われる場合があるので注意した方がよい。
以前、私のところに開口一番、「こちら京都地検です」と名乗る電話が入った。
私は一瞬、京都で何か悪いことをしたかなぁと思ってしまった。
不安を感じながら、相手の次の言葉に耳を傾けると、「私は大津地検の知り合いから紹介されたのですが、『ホウレンソウ』(報告・連絡・相談)の講演をお願いできないかと思い、お電話を差し上げました」と言われて一安心した。
私は「大津地検」という名前が出たところで、1年ぐらい前に大津地検から『ホウレンソウ』の講演を依頼されて、講演終了後、「大変いい話を聞かせていただきました。近くの地検の知り合いにも紹介したいと思いますのでその節はよろしくお願いします」と言われていたことを思い出した。
  私が「地検」と言われて、一瞬、不安を感じたように、「こちら○○警察です」と言われて不安を感じる人が結構いるかもしれないので、「○○警察です」と名乗るのは止むを得ないが、「○○警察ですが、××の件でお知らせしたいことがあります」という具合に名乗りの後に用件名をすかさず添えると、用件名にもよるが相手の不安はなくなるかと思う。
 緊急事態発生の場合はともかく、通常の連絡の場合は、電話に出た相手の心情にも心を配って、名前、勤務先・所属先、及び用向きを簡潔に伝えれば、相手に要らざる心配をさせなくて、「あの人は気が利く人だ」ということになるかと思う。
posted by 今井繁之 at 13:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください