2021年02月09日

どこかで誰かが見てくれている


 
目立たない仕事に腐ることなく黙々と努力していたら日が当たる日が来ることもあるという。
 甘いことを言うなと言われてしまうかもしれないが、私は真面目に頑張っていればどこかで誰かが見てくれている、この世は決して捨てたものでないと思っている。
 2021年1月1日、切られ役専門の役者 福本清三氏が77歳で亡くなられたが、福本さんは「どこかで誰かが見てくれている」と信じて脇役一筋で生きて来た人である。

 2014年7月に「太泰ライムライト」という映画が封切られた。映画は太泰の撮影所に所属するベテランの大部屋俳優が、半世紀以上続いたテレビの時代劇が突如打ち切りとなり仕事が激減。そんな折、駆け出しの女優さつきと出会い、彼女に懇願され殺陣の稽古をつける師弟関係を結ぶ。さつきはスターへの階段を上がり東京に行くが、その間に大部屋俳優は体力の限界を感じ引退を決意するというお話である。
 主人公である大部屋俳優を演じたのは「5万回斬られた男」という異名を持つキャリア50年以上のベテラン俳優の福本清三氏であった。
 福本氏は20代後半から斬られ役専門として時代劇、現代劇にかかわらず数多くの死にざまを見せてきた。あくまでも主役を引き立てる脇役であった。
 その福本氏は主演の話が来た時のことを次のように語っている。
 「思ってもいなかった。今でも信じられないですよ。僕らにしてみれば、主役は二枚目で人気があって芝居ができるという概念がありましたから、(主演の)話をもらった時はとんでもない、ありえないと思いました。でも、普通だったら主役やらせてくれと言ってもやらせてくれることはない。そう考えたら、断るのはアホちゃうかと言われて、皆に後押ししてもらってやることに決めたんです」
 福本氏は斬られ役専門の役者として少しは注目されてきた頃、共演した故萬屋錦之介さんに「斬られ役がうまいヤツは芝居がうまい」と言われたという。
 福本氏は、「最初、そんなことはないと思いました。ただ自分なりの解釈で、斬られてから、現場に立って、アクションを起こして倒れるまでは自分の芝居や。同じおなかを斬られても一人一人表現が違いますよね。(斬られ役)皆で研究し合って、主役の邪魔にならないように何秒くらいの死に方をすればどう映るかということを考えて演じようとして来ました」と言う。
 5万回斬られるだけでも途方もない数だが、斬られてから倒れ、こと切れるまでの過程はすべて違う。ブリッジをするギリギリまで体を反らせる“えび反り”など、そこに斬られ役の矜持があるのだろう。
 斬られ役に注目する人は少ないかもしれないが、それでも考えて斬られ役を演じる内に話題になり、なんと2002年、ハリウッド映画の「ラストサムライ」から声がかかり、トム・クルーズを始め渡辺謙や真田広之と並んで存在感のある役を演じることになった。
 「太泰ライムライト」で初めて主演俳優を務めた福本氏は何とカナダ・モントリオール国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した。
 「太泰ライムライト」が封切られるに当たって福本氏は記者会見で「頑張れば日の目を見ることがあるんですよ。努力すれば願いが叶うわけじゃないけれど、努力を捨てたらいかん。置かれている立場の中で一所懸命やるしかない。それがこの映画で伝わればと思っています」と述べている。
 正しくその通りで、願わなければ実現しない、また願ったとしても努力しなければ願ったことは実現しない。そして与えられた場で真摯に努めていればいつかは報いられる日が来るということである。
 
福本さんの言葉に次のようなものがある。

 痛くない倒れ方をするのは簡単です。
 しかし、それでは見る人に感動を与えることはできません。
 逆に見ている人に「あの人、頭を打ったんじゃないか」と思われる倒れ方を演じれば、 真剣さが相手の心に伝わります。(中略)
 
 痛いからこの仕事がいやというなら、やめればいいのだけれども
 そんな考えではどの仕事についても長続きしない。

 頑張っていれば
 必ずどこかで
 誰かが見てくれている。

 私は子供の頃、大人に「御天道様はどこかで見ているよ」と言われたことがある。この言葉は悪いことはしてはいけないという戒めに言われたような気がするが、悪いことでなく陽の当たる仕事でなくても、真面目に頑張っていれば報われることがあるという意味もあったような気がする。
御天道様がはたしているのかどうかわからないが目立たない仕事に腐ることなく頑張って勤めていれば、どこかで誰かが見てくれている、この世は決して捨てたものではないということをこの福本さんの例は語っている。

posted by 今井繁之 at 11:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください