2018年09月17日

つまらないものをつまるものにする


 今から相当前のことであるが、「ラ・マラゲーニャ」とか「硝子のジョニー」といった歌を声量豊かに歌い、紅白歌合戦にもしばしば登場したアイジョージさんという歌い手がいた。いつの間にか第一線から消えてしまったが、私はこの歌い手が大変好きだった。若い時に読んだこの人の自叙伝ともいうべき本の中に次のような記述があった。
 「今、これをやらなければならないのだったら楽しくやろう。これはつまらないと思ったらますますつまらないものになる。自分の気持ち次第でつまらないものもつまるものになる」
 アイジョージさんは子供の頃、大変ご苦労されて、歌手になるまで様々な仕事に従事したという。時には自分は何でこんな汚れた仕事をしなければならないのかと我が身の不遇を嘆いたこともあったというが、前述のようなことを己に言い聞かせて仕事に前向きに取り組んでいたところ「あいつは見所のある男だ」ということで歌手の道が拓けたという。 
 アイジョージさんのことは忘れてもこの「今、これをやらなければならないのだったら楽しくやろう」という教えはいつまでも私の心に残っており、私は今日までこの言葉を自分に言い聞かせて歩んできた。
 つまらないと思って仕事をしても誰もつまるものにしてくれるわけではない。つまらないと思って嫌々仕事をしていたら周りの人だって不愉快な思いをする。ところが人が嫌がる仕事を本人が嫌な素振りもみせずむしろ嬉嬉として取り組んでいたら周りの雰囲気を明るいものにして、その仕事を指示した人をほっとさせる。

 私がソニーの子会社である桜電気に入社してしばらく経った頃の話であるが、総務部員である私のところに女子社員が来て「水洗トイレの水が流れないで使い物にならないからなんとかして下さい」と言う。「何で詰まったの?」と聞くと「そんなの分からないわよ。使えるようにするのは総務の仕事でしょう!」と怒って言う。そう言われれば施設の管理は私共総務部の仕事である。
 私は水洗トイレがどのような構造になっているかは分からない。水が流れないのは何かが詰まっているせいであるというのは常識的に分かるが、それをどうやって開通させるかについてのノウハウは持っていない。外部にお願いするといってもすぐに来てくれないし、お願いすれば手間賃をお支払いしなければならない。総務部長の伊藤さんの顔を見ると、(今井君、君がやりなさい)という表情をしている。
 仕方がないということで赤沢君という同僚を誘って女子トイレに急行した。詰まったのだから少し突っ突けば開通すると思って針金を持ってきて突っ突くがどういう訳かなかなか開通しない。トイレだから当然ながら臭い。トイレの利用客である女子社員が来て「なにやっているの?。早いところ何とかしてよ!」と督促を受けたり、「総務は何でもやらなければならないから大変ねぇ」と同情を受けたりした。中には私たちの格好を見て嘲笑する失礼な人間もいる。
 いくら突っ突いてもなかなか開通せず、時間ばかり経過する。作業に着手したのが午後一時過ぎ、一時間たっても埒があかない。少し休憩しようと言って一服しながら、(俺はトイレの修復の仕事をするためにこの会社に入ったわけではない。何でこんな臭い仕事をしなければならないんだ。誰か他の人がやるべきではないか)と考えた。
 同僚の赤沢君も同じ思いであったに違いない。しかし、この作業を代行してくれる人は誰もいない。
 この時、冒頭のアイジョージさんの「つまらないと思ったらますますつまらなくなる」という言葉を思い出した。気を取り直して、赤沢君に「トイレの詰まった原因は何だと思う。俺は誰かが○○○を流したせいだと思う。どんな○○○が出てくるか想像しながらやってみよう。それと無事開通したら部長に『こんなトイレの匂いの染み付いた体では皆さんにご迷惑を掛けるから銭湯に行かせて下さい』とお願いしよう。銭湯から上がったら冷えたビールでもぐいと飲もう。そのくらい大目に見てくれるだろう」と話した。
 赤沢君も同意してあれこれと想像しながら、そして仕事が終わった後の楽しみを話し合いながら作業を進めた。
 苦労の甲斐があってそれからしばらくして無事開通した。想像した通りの○○○が出てきた。伊藤さんに話して、就業時間中にもかかわらず近くの銭湯に行き、汗を流し、冷えたビールを飲んでから会社に戻った。
 後で、伊藤さんから「君達には内心すまないなぁと思っていたが、君達が嫌がらずに楽しそうにやっていたので私は気が楽になったよ」と言われた。
 この時、こんな仕事を何でやらなければならないんだと嫌々やっていたら周りの人だって嫌な思いをしたかと思う。
 このトイレの開通作業の体験はいつまでも私の脳裏に残っていて、その後、色々な仕事をしたが自分の意に添わない仕事であっても、「今、これをやらなければならないのだったら楽しくやろう」と言い聞かせてやるようになったので、つまらないという思いで仕事をすることは少なかった。

 職業人人生で、自分の願ったような仕事にいつも就けるとは限らない。むしろ意に沿わない仕事に就く確率のほうが高いかと思う。意に沿わない仕事だからといって不貞腐れて仕事をしていたら周りの人を不愉快にしてマイナスの評価を受けるだけである。
 たとえ自分が希望した仕事でなくとも、指示された仕事との巡り合いは運命ととらえてどうしたらこの仕事をうまくできるか、工夫する余地はないかと考えていけば仕事は面白くなるし、楽しくなる。そうでないとますますつまらないものになり、仕事から得るものは少ない。
 「若い時の苦労は買ってでもしろ」と言われたことがあるが、まさしく苦労は決してムダにはならない。しかし、その苦労も不満タラタラで取り組んでいたら身にはつかない。 一見つまらない仕事だって真剣かつ楽しそうにやっていれば、どこかで誰かが見ているものである。
 「つまらないと思うのも自分、つまらないと思うものをつまるものにするのも自分、どうせやらなければならないんだったら楽しくやろう」という心掛けで仕事に取り組めば、つまらない仕事だってつまるものになり、そのうちにやりがいのある重要な仕事が回ってくるということを私は実感している。
                       
posted by 今井繁之 at 13:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

戦力外通告をされないために


 サラリーマンにとって自分は十分戦力になり得ると思っているのに、会社から「君は戦力と見なしていない。よって潔く辞めていただきたい」と戦力外通告されるのはつらいものである。
 サラリーマン時代、私自身は幸いなことに「戦力外なので辞めてほしい」とまで言われたことはなかったが、私の周囲でそのように宣告された人がいた。
 戦力外を通告されて退社することになったその人が、私の元に挨拶に来た時、「いずれは会社をやめなければならないと思っていた。しかし、こんな悔しい思いで会社を去ることになるとは思っていなかった。二度とこの会社の門はくぐらない」と言って悔し涙を浮かべて会社を去っていった。
 自分が会社の戦力になっていないという自覚があれば受け入れる気持になるが、そう思っている人は少なく、大部分の人は戦力外を通告されたら、なぜ自分がそのような辱めを受けなければいけないのかと悲嘆にくれるはずである。

 「戦力外通告」という言葉が一番ポピュラーに使われるのはプロ野球の世界ではないかと思う。毎年シーズンオフにはこの言葉が登場して悲喜劇が報じられる。
 2017年の末、読売巨人軍から戦力外通告を受けたものの、ホームラン王2回受賞という実績からしたら他の球団から入団の依頼があると思っていた村田修一という選手がいた。ところがどこからも声がかからないので、他日を期して、BCリーグのチームに入団して頑張ったが、翌2018年の7月になっても入団してほしいという球団はゼロでプロ野球界にカムバックすることは叶わなかった。可哀想だが仕方がない。
 まだ結果を出せる選手だと思ったが、単に力量だけでなかったのかもしれない。
 でも一度は戦力外という烙印を捺されたが、それを跳ね返した選手がいる。
 いささか旧聞に属する話で恐縮だが、2007年、日本一を競った日本シリーズでMVPを獲得したのは中日ドラゴンズの中村紀洋選手であった。彼のその年の年棒は600万であった。これまでMVPを取った選手の中でも史上最低の年棒ではないかと思う。
 2004年、彼は日本人選手としては最高の5億円の年俸をオリックス球団からもらっていた。2005年、大リーグに挑戦したがうまくいかず古巣のオリックスに戻ったところで年俸は2億円に減ってしまった。ところが2006年の暮れ、彼はオリックス球団から事実上の戦力外通告を告げられ、新たな働き先を探したが、彼を採用したいと名乗り出る球団はなかった。最終的には中日ドラゴンズが育成選手の枠で彼を採用してくれた。給与はなんと600万円。よくぞこの屈辱的な条件で入団したものだと思うが、その低年棒にも関わらず、その年、打率2割9分3厘、本塁打20本、打点79という成績を残した。そして2008年度は年俸は5000万で契約することになった。かつての10分の1であるが、彼は真剣にプレーを続けた。
 その年のシーズンオフにFA宣言した彼には東北楽天イーグルスから声がかかり、2009年からは年棒1億5000万円でプレーすることになった。
 その後は体の故障のため十分な活躍はできなかったのは大変残念だが、彼は戦力外通告という非情な扱いを見事に跳ね返した選手であった。

 2006年にオリックス球団から戦力外を告げられた時、中村選手は自分はまだまだできる、年齢だってまだ33歳、どこだって自分を取ってくれるはずだと思っていたはずである。ところがどこも自分の希望する条件では取ってくれないということが分かった時、彼はこの理不尽な処置に怒ったはずである。しかし、現実がそうであるならばここは「韓信の股くぐり」の心境で、本年度の年俸はどうでもいい、どこの球団でもいい、自分を採ってくれるところがあれば、そこに行き、そこで活躍して正当な評価を得ようと思ったものと思われる。育成選手、背番号99という屈辱的な扱いにも関わらずそれを跳ね返した中村選手の頑張りは立派だと思う。
 サラリーマンにしてもプロ野球の選手にしても戦力外になるにはそれなりの理由があり、一番大きいのは力量が落ちて支払う給与に見合うだけの働きが期待できないことだろうがそれ以外に組織として仕事を進めていく上でチームワークを乱すという理由から引き続きの雇用を見合わせるということもあるかと思う。
 戦力外通告された人は不本意な扱いに怒るが、己にも至らないところがあったのではないかと自分自身で反省しないと次の飛躍はむずかしい。

 サラリーマンでも戦力外通告を受けた場合、あるいは戦力外通告までいかなくても閑職に追いやられた時は、上司を含む周りの人を恨むだけでなく、なぜこのような仕打ちを受けなければならない仕儀になったのか、自分に至らないところがあったのではないかと素直に反省することが必要である。そうでないと次の飛躍は難しい。
 当人に至らないところがあり、周りの人はそれを苦々しく思っていても、当の本人にはあれこれはっきり言わないものである。
 中村選手を育成枠で採用した中日ドラゴンズの前監督落合氏が日本ハムの前監督梨田氏とのテレビ番組の対談で「自分は『お前(中村選手)のこういうところがよくない、改めなければダメだ』といったようなことは一言も話していない。プロなんだから自分で気付かなければダメであって、そういう反省がないのに端があれこれいっても身に付かない」と話していた。
 私がサラリーマン時代、自分自身は戦力外通告を受けたことはないといったが、閑職に追いやられたことがある。その時はなぜ私にそのような人事をするのかと怒髪天を衝くという思いでいっぱいになったが、しばらくして落ち着いて考えてみると自分にも反省する部分が沢山あることに気付いた。
 その反省があったからこそ、次の機会にそれを活かすことができた。

 戦力外通告を受けないのに越したことはない。そのような通告を受けないにはどうしたら良いかといえばひたすら実力と人間性を高めるような努力をするしかない
 担当する仕事を通じて知識・技能・技術を身につけると共に機会を見つけて勉強をしてどこに行っても通用する実力をつけなければならない。その上で、身に付いた力を与えられた仕事で存分に発揮して余人をもって代えがたいという存在になるよう努めるべきである。

 戦力外通告を受けないために上司を含む周囲の人達との良好な人間関係を構築しておくことも時として有効であるが、それが本当に頼りになるかといえば怪しいものである。
 世の中、冷たいもので、力のなくなった人には他人は手を差し延べてくれないものである。
 実力があってもチームワークを乱すような言動があまりにもあり過ぎると、トータルすると、こいつはいない方がよいということになり、「残念ながらお引き取りいただきたい」ということになってしまうので、他の人との協調性の涵養にも努めるべきである。
 人間関係のもつれから閑職に追いやられることになったら自分の至らなかったところは反省すると共にこれも一つのチャンスととらえて充電に努めることも時には必要である。 たとえ、戦力外通告されても、「捨てる神あれば拾う神あり」で、これまで培った知識・技能・技術を活かして生き生きとした第二の人生を送った人は沢山いる。そのように活躍できるのは、以前の勤務先で幅広く勉強して研鑽に努め、人間性も含めて、どこでも十分通用する実力が身に付けていたからであると思う。

 プロ野球の選手は個人事業主であるといわれるがサラリーマンだって見方によっては個人事業主といえないことはない。プロ野球の世界ではシーズンオフには契約更改があり、力のない選手は戦力外を通告されるが、サラリーマンの世界でもいずれはそのようなことになるかもしれない。むしろ、実質的にはそういう時代が来ているといってよいかもしれない。
 プロ野球の選手として長く活躍している選手は天分もあるかと思うが体がなまらないように不断に体を鍛えており、技倆を磨いている。特に年齢を重ねてくれば、より努力を怠らない。選手寿命の長い選手はシーズンオフに誰に言われるまでもなく、自分自身で体の手入れを怠らない。
 不断の努力は必ず自分に返ってくる。
 サラリーマンも己の能力伸長を勤務先に委ねることなく、「天は自ら助くるものを助く」という教えの通り、自分自身の努力で己の能力を高め、戦力外通告を受けないように努めなければいけない。
           
posted by 今井繁之 at 13:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

あれもこれも大事(大事)はよくない


 私の紹介している問題解決の手法では「優先順位をつける」という言葉が随所に出てくる。
 取り組まなければならない課題が複数ある場合、重要度・緊急度・拡大傾向で優先順位をつける、あるいは実現したいことがいくつもあり、どれもこれも大事だとしても、より大事なものはどれかということで、優先順位をつけた方がうまくいくと話している。
 
 ヤマト運輸の元社長の故小倉正男さんのエピソードであるが、ドライバーの運転事故が多くて困っていた時に、労働基準監督署の勧めで、労災事故の少ない事業所を見学した時に、普通の事業所であれば「安全第一」という標語だけを掲げているのに、その労災事故の少ない事業所は「安全第一」という標語と並んで、「効率第二」という標語があるのを見て、これだと思ったという。自社に戻ったところで、安全運行が一番優先すべきことであり、営業効率(スピード)を良くすることはその次で構わないという方針を徹底するために「安全第一」に並べて「営業第二」と書いたポスターを職場に貼ったところ、安全運行が徹底されて、さらに営業効率も向上したということである。

 私は上位者の重要な役目の一つとして、部下が判断に迷わなくてもすむように優先順位を明らかにすることであると思うが、ところが、あれもこれも大事ということで複数あるものに優先順位をつけない上位者が一般的に多い。
 優先順位をつけ難い場合もあるかと思うが、それでもどちらを優先するかという方針・方向を上位者は明確にするべきである。

 優先順位を明確にして見事、成功した具体的事例を紹介しよう。
 現在は第一線を退いているが、かつてソニー㈱の副社長をしていた大曽根幸三さんが、ウォークマンの開発責任者をしていた時の話であるが、大曽根さんはこれはと見込んだ技術者達を呼び、カセットケースを見せて、これと同サイズのウオークマンの開発を命じた。 カセットを入れるのに、それと同サイズのものを作るなんて無理だと、困惑した顔をしている部下に「コストはどうでもいい。1億円かかってもいいから、とにかく1個作ってみろ!」と言う。
 コストはどうでもいいというコスト無視の指示があったので技術者の連中はお金は相当かかったものの、なんとか頑張って試作品を作り、大曽根さんに提出したという。
 大曽根さんは「よくやった」と褒めてから、担当者に「まさか、おまえ、これを1億円で買ってくれる人はいないだろう。どう見たって、30,000円かそこらだな。今度はこいつを30,000円以下で作れるよう工夫してみろ!」という。
 最初に開発を指示された時は作れないと思ったものの、なんとか工夫したらモノはできた。今度はそれを安く作るにはどうしたらよいかということでコストダウンに全精力を注ぐことになる。大変な苦労はしたものの、なんとかなるもので大曽根さんの希望する位の価格で生産することができるようになったという。
 完成品を作ることを最優先、コストは二番目でいいという明確な方針を示したのでこのような結果につながった。
 もし、大曽根さんが「世界初のものを、世界最小の大きさで、それも販売価格30,000円以内に収まるものを作れ」という目標を同時に出したら即座に「できません」という返事が返ってきただろう。
 この大曽根さんの例のように上司が部下に仕事を命じるような時、いくつかの狙いがあればその狙いを同等ではなく、何を優先するかということを明確に示してくれると部下は助かるというものである。

 今では日本を代表する企業に成長したファーストリテイリング(店名ユニクロ)という会社も優先順位を明確にしているので成功したのではないかと私は勝手に推測している。
 私はユニクロが全国区になり始めた頃、ユニクロ商品があまりに安いので、この会社の商品のセールスポイントは低価格であると思っていた。
 ところが関係者に聞くと、最初に低価格ありきではなく、まず高品質な製品を提供したいという強い思いがあり、それをいかにしたら低価格で提供できるかという発想から事業展開をしたということである。
 高級デパート等で10,000円以上で販売しているクオリティの高い品物をどうしたら低価格で提供できるかと考えた時に、大量生産すればコストが下げられるのではないかという考えが社長である柳井さんの頭に浮かんだという。
 その大量生産をするにはどうしたらよいかと考えると、それには男女の性別、老若の年齢の関係なしに幅広い層に着ていただける同一(ユニ)のデザインのものを作れば大量に生産することができる。
 さらにコストを下げるには流通の中間マージンをなくせばよい。中間マージンをなくすには自前で生産して販売と直結させればよい。
 その生産コストを下げるには日本国内ではなく、中国で生産すればよい。
 柳井さんに直接確認した訳ではないが、恐らくこんな具合に考え、実践した結果、代表的商品であるフリースに1,900円という驚異的な価格をつけることができたのではないかと思われる。
 
 一般的にはユニクロの高成長は安くて、いいものを提供しているからと評されているが、柳井さんはその評し方の順序に反発されるのではないかと思う。
 柳井さんはいいものを、安く提供していると言うのではないかと思う。「いいもの(高品質)」が先であり、次いで「安く」という優先順位がついているのではないかと私は勝手に思っている。
 柳井さんが低価格を優先して、品質を二の次にしたら恐らくここまでの成長はなかったと思う。
 今日のユニクロの成功は、「安かろう、悪かろうの商品提供では消費者の支持を長期間に渡って得ることは困難であり、また売れないものをいくら安くしてもだめであり、高品質のものを安くして売らないと顧客がついてこない」という商売の定理を物語っている。
 
 大曾根さんや柳井さんのように向かうべき方向を明らかにして、あれもこれも大事(だいじ)ではなく、どれを最優先で取り組むかという優先順位を示すことは上位者にとって最も大切な仕事であると私は思う。
posted by 今井繁之 at 14:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする